ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めての方は 
●日の丸一家の家計簿(2009年8月23日付)
●日の丸一家のご近所さん(2009年8月24日付)
を最初にご覧ください。

中小企業診断士兼作家である三橋貴明さんのブログで、
当記事「[漫画]日の丸一家の家計簿」をご紹介戴き、
昨日一日で2,600アクセスを記録、たくさんの方々に
ご覧戴きました。
ご本人にも「面白い」とお褒め戴き、胸を撫で
おろしています。これもひとえに三橋さんのお力だと
思います。ありがとうございます。

「経済」は専門用語が多すぎて難解なジャンルゆえ、
あまり得意ではないのですが、それでも文章を
読みながらイラスト化していく作業は
頭が整理整頓されてゆくようで良い勉強になります。

テーマは「お金」。
ここで取り上げる「お金」とは「個人の家計簿」ではなく、
「国家の家計簿」です。
引き続き、ご紹介させて戴きます。

◎ 当記事をお読みになる方へ ◎
当方は、政治経済の専門家ではございません。
単なる一般市民です。
批判や中傷、議論をする意志もございません。
最終的なご判断は読まれた方にお任せさせて戴きます。
共感した部分だけ受け取って戴ければ幸いです。

===著作権法により引用開始===

「日本の借金は800兆円以上あり、GDP比で100%を超え、
 国民一人当たり640万円にも達している。
 日本はまもなく財政破綻するので、内需拡大のために
 日本政府が財政支出をするなんて、できるわけがない」

国民のイメージ

この、新聞紙上などで頻繁に見かける日本の財政問題に関する
主張は、本書冒頭の「外需依存国家である日本は~」と同じく、
何と四重に間違えている。すなわち、1文字残らず出鱈目という
ことである。

まず、新聞紙上で騒がれる「借金800兆円」とは、日本政府の負債で
あって、国民の借金ではない。
日本政府の借金とは、要するに国内向けの国債発行残高であるが、
国債を買っているのは日本国民である。

すなわち、日本国民は逆に政府にお金を貸している立場なのだ。

国債について

日本国民は債権者であるにもかかわらず、なぜか政府債務の危険性を
煽る(あおる)際に、マスメディアは「国民一人当たりの借金」というレッテルを
多用する。無知を晒す(さらす)のもいい加減にしてもらいたいものである。

国債の中身

この言い方を正しく改めると、「国民一人当たりの資産」になるはずだ。
続きを読む
テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済
初めての方は 
●日の丸一家の家計簿(2009年8月23日付) 
を最初にご覧ください。

◎ 当記事をお読みになる方へ ◎
当方は、政治経済の専門家ではございません。
単なる一般市民です。
批判や中傷、議論をする意志もございません。
最終的なご判断は読まれた方にお任せさせて戴きます。
共感した部分だけ受け取って戴ければ幸いです。

===著作権法により引用開始===

ところが「あなた」の近隣にはおかしな人が住んでいて、
一家の家計状況について妙な悪口を撒き散らしている。

曰く、

ご近所さん1

「あの人(=あなた)の借金は、975万円もあるそうだ!
 破綻だ!破綻だ!」
(いや、その975万円は、私の借金じゃなくて「私が父親に貸しているお金」
 なんだけど……。それに、父親は借金だけじゃなく、一応468万円ほど
 資産も持っているよ)


ご近所さん2

「あの一家は、父親の借金が、何と1,000万円近くにも達している!
世界最悪の借金一家だ!」
(だから、父親の借金の「債権者」は私だって……。
 しかも、うちの一家は外に対して、世界で最もお金を貸しているわけなんだけど!)


「父親の借金975万円は、あの一家の年間の収入を超えている!
 破綻だ!破綻だ!」
(いや、別に借金額が収入を超えていたところで、破綻はしないでしょう。
 そんなこといったら、住宅ローンを組めないよ)


ポイントがお分かりいただけただろうか。
日本破綻原理主義者たちの出鱈目、ミスリードには、複数の嘘の情報が
交じっているので、この場を借りて覆しておきたい。

引用元:書籍「ジパング再来」三橋貴明(講談社)P42~43より



●三橋貴明 公式ブログ・新世紀のビッグブラザーへ


===著作権法により引用終了===

↓三橋貴明さんの著作物に興味ある方はどうぞ。
テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済
当ブログは、基本的に料理やアーユルヴェーダ(インド伝承医学)、
健康情報について、日々、ご紹介させて戴いておりますが…

本日から一週間、「日の丸一家の家計簿」と称し、中小企業診断士
兼 作家である、三橋貴明(みつはし たかあき)さんの著書
「ジパング再来」(講談社)他の中から記事をご紹介させて
戴きたいと思います。

健康系以外のネタを取り上げるのも良い勉強になるかなあ?と
思いまして~。ご興味ある方はお付き合いくださいませ。



●三橋貴明 公式ブログ・新世紀のビッグブラザーへ

◎ 当記事をお読みになる方へ ◎
当方は、政治経済の専門家ではございません。
単なる一般市民です。
批判や中傷、議論をする意志もございません。
最終的なご判断は読まれた方にお任せさせて戴きます。
共感した部分だけ受け取って戴ければ幸いです。

日の丸一家の家計簿

===著作権法により引用開始===

たとえば、日本国家が、あなたと父母の3人暮らしだったとしよう。
話を分かりやすくするために、図表1-2の「日本国家のバランスシート」
(注・本書では2008年12月末日版が紹介されています)における単位
「兆円」を、「万円」に変換して考えてみたい。

●日本国家のバランスシート 2008年12月末日版
●日本国家のバランスシート 2009年3月末日版

父親が事業を起こすために、「あなた」から975万円を借金している。
また、母親も別のビジネスを展開するため、「あなた」から1,142万円
お金を借りている。

それでも、お金が有り余っている「あなた」の手元には、何と1,000万円を
超える「純資産(著者注・資産‐負債)」が残されている。

さらに一家全体としては、外部から322万円を借り受け、逆に563万円を
貸し付けている。一家全体と外部との貸し借りを合計すると、241万円分
貸付額が多くなっている計算になる。
この「ネット(正味)の貸付額」は、世界最大だ。

引用元:書籍「ジパング再来」三橋貴明(講談社)P42~43より

===著作権法により引用終了===

↓三橋貴明さんの著作物に興味ある方はどうぞ。
テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済
巷では、健康やダイエットに関する様々な情報が溢れています。
特に、緑茶は身体に良いから…とたくさん飲まれている方は
多いかと思います。

まず最初にお断りさせて戴きますが
(文章を斜め読みなさる方が大変多いので…)

緑茶は大変優れた飲み物です。

緑茶を悪者にしようと、この文章を

書いているワケではないので

誤解なさらないでくださいね。


先日、「病気にならない生き方」(新谷弘実・しんやひろみ
胃腸内視鏡外科医)を読んでいたら、こんな記述を目にしました。



===著作権法につき引用開始===

緑茶を例に見てみましょう。
たしかに緑茶に多く含まれるカテキンには、殺菌効果や抗酸化作用があります。
そのため日本茶をたくさん飲んでいれば長生きするとか、ガンの予防につながるというストーリーが生まれました。でも私は、こうした「カテキン神話」にかねがね疑問を抱いていました。それは先にも触れましたが「お茶をたくさん飲む習慣がある人の胃相は悪い」という臨床データが出ていたからです。

カテキンはいくつか結合すると「タンニン」と呼ばれるものになります。
(一部中略)
非常に酸化しやすい性質を持っており、熱湯や空気に触れることにより容易に「タンニン酸」に変化します。そしてタンニン酸には、タンパクを凝固させる働きがあります。ここからは私の仮説ですが、こうしたお茶に含まれるタンニン酸が、胃粘膜に悪い影響をおよぼし、胃相を悪くしているのだと考えられます。

引用元:病気にならない生き方(新谷弘実/サンマーク出版)

===著作権法につき引用終了===

「知らなかった!」「じゃあ、緑茶はあまり飲まない方が良いのね」
と、この文章をストレートに受け取られる方々が多いと
思うのですが、くれぐれも誤解なさらないで戴きたいのは…

緑茶を飲むな、という意味ではないのです。
続きを読む
テーマ:気になる本をチェック!! - ジャンル:本・雑誌
朝食は、ご飯派ですか?パン派ですか?
それとも、コーンフレーク?オートミール?
何も食べないという方もいらっしゃるかもしれませんね。

我が家ではツレがパン党なので、ずっと食パンを食べて
います。副菜は野菜スープやサラダ、フルーツ、目玉焼き、
トーストに塗るのはパニール(手作りカッテージチーズ)
ジャム、バター…そんなところでしょうか。

毎朝午前7時半までには朝食を済ませていますが、
しかし、日によっては2~3時間もすると、お腹がすいて
しまいます。お昼まで身体が持たないのです。

あれ?おかしいな。
朝はしっかり食べたのに。

ツレにも尋ねてみましたら、やはり小腹がすくことが
多く、仕事の合間に糖分の高いキャンディーを舐めるなどして、
空腹を紛らわせているそうです。

医学博士、帯津三敬クリニック院長、そして
ホリスティック医療の第一人者でもある帯津良一先生の
書籍「病気になってからの生き方」(サンガ新書)を
読んでいたら、こんなフレーズが書かれてありました。



パンはほとんど空気のようなもの だと…。

パンは空気?
続きを読む
テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。