ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

ワタクシ的キョーミを持ったこと・いろいろ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワタシは幼い頃から

「人物よりもメシが好き」

という変な子どもでした。

たとえば、食べ物が登場する漫画があれば、絵から
どんな味や匂いなのかを想像したり、時には漫画
人物ではなく、料理にだけ色を塗って遊ぶことも
していました。普通に絵を描くことも好きでしたが、
漫画の食べ物はまるで塗り絵のような存在でした。

成人したら興味は別の方向へ向くのかな?と思って
いたのですが、結局それは治ることがなく、
他にも古代エジプト発掘の記録を読めば、3000年前の
王族のミイラよりも、同時期に埋蔵されたというハチミツの
方が断然気になるし(今でも食べられるというウワサを
聞きました)、戦国武将の功績よりも、彼らが食べていた
食事の方が気になる。旅に行けば人物写真よりも、まず
食べ物の写真を最優先で撮る。そんな行動をしてしまう
大人になってしまいました。
ええ、「人物よりもメシが好き」ですから(笑)。

マンガ食堂

さて、このたび愛読しているテレビ雑誌から、漫画
料理を再現しまくっているブログ「マンガ食堂」さんが
存在することを知りました。
覗いてみると、これがなかなか面白い!
ワタシは料理はそこそこ好きだけど、レシピがなくても
再現しよう!という意志はあまりないので(苦笑)、
これは素敵な才能だなあ~と感じました。
興味ございましたらご覧くださいませ。

●マンガ食堂 - 漫画の料理、レシピを再現
テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ
こんな記事がありました。

●メールに頼りすぎて会話力が落ちてない?(All Aboutストレスガイド)

メールは確かに便利だけど、時と場合によりますよね…。

最近は仕事発注もメールが圧倒的に多く、依頼人の顔はおろか
声も判らないなんてことも珍しくなくなりました。
以前は打ち合わせに出向いて、仕事の話ついでに雑談するのが
楽しみでもありましたが、最近はそういう機会も減ったように
思います。家族との会話も、もっぱらメールが中心です。
全員がバラバラの場所に住み、生活時間帯もズレているので
仕方がないといえば仕方がないのですが。

個人的に、メールは「手紙」の延長線上にあるツールだと
思っています。

ワタシは昔から手紙が好きで、よく書いていました。
送る相手をイメージして便箋や封筒を選んだり、季節のポスト
カードや土産物を同封したり、筆跡から相手をあれこれ推測
するのも楽しかった。面と向かって言えないような言葉も、
手紙なら書けることも多かったですね。
書きながら、自分の思考を整理させていく作業が好きでした。
ちなみに、ワタシの文通相手はかれこれ15年以上ものお付き合いに
なりますが、今でもこうやって何かしらの言葉を書き続けられるのは、
文通という土台があったからではないかと思っています。

でも、メールはそういう「ゆとり」が少ないように思います。
続きを読む
テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース
「モナリザは高脂血症だった‐肖像画29枚のカルテ」
(新潮新書、篠田 達明) という本がなかなかユニーク
でしたので、こちらでご紹介したいと思います。



この本は、整形外科医である著者が歴史上の人物の
肖像画から、かかったであろう病気を推測しているの
ですが、ワタシは正直こういう視点で肖像画を眺めた
ことがなかったので、ただひたすら「へえー!」
「へえー!」「へえー!」と、驚きの連続でした~。

中でも驚いたのは…

豊臣秀吉は多指症(たししょう)だった

という記述です。
続きを読む
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
15日夜に放送された「オーラの泉」(テレビ朝日系)を
久々に観ました。
ゲストが脚本家・倉本聡さんだったからです。

最新作の舞台「歸國(きこく)」は

「今の日本を、戦没していった英霊が見たら 
 いったい何というだろうか」

というテーマで執筆された作品。
戦後10年ならまだしも、64年経った今の日本を見た英霊は
「怒り」を感じるのではなかろうか、というのが倉本さんの
出された結論でした。

「子どものために命を投げ出す親」が少なくなったという
話題が番組中にありましたが、倫理観が崩れつつある現代、
かつての常識が通用しなくなったことに、英霊でなくとも
おかしいと感じる方々は多いのではなかろうか、と思いました。

以下は、倉本聡さんの言葉です。

オレガノの花

僕は、8つの賞を受賞した時、ある事を考えたんだ。
それは、 本当に賞を取ったのは僕かな?という事。
だって、机に向かっている時は僕が書いてるんじゃなく、
何かに憑かれて書かされていたんだもの。
で、考えた末、僕が書いたんだ!と思うことにしたんだ。
そしたら、4年間書けなくなった。
でも、版画家の棟方志功さんのドキュメントを観た時、
ある事に気付いたんだ。

棟方さんは、
「僕が作ってるんじゃない。神が創らせているんだ。」
と言っていた。

だから、ああ、やっぱりそういうことだったのか…と。
つまり、アーティストやクリエイターは霊や神に
奏でられる善い楽器であればいいんだよ。
僕はただ、霊や神が乗り憑つり易い、澄んだ、清らかな、
自分で在ればいいんだ。

引用元:オーラの泉2009年8月15日放送分(脚本家・倉本聡)
続きを読む
テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体
巷では、健康やダイエットに関する様々な情報が溢れています。
特に、緑茶は身体に良いから…とたくさん飲まれている方は
多いかと思います。

まず最初にお断りさせて戴きますが
(文章を斜め読みなさる方が大変多いので…)

緑茶は大変優れた飲み物です。

緑茶を悪者にしようと、この文章を

書いているワケではないので

誤解なさらないでくださいね。


先日、「病気にならない生き方」(新谷弘実・しんやひろみ
胃腸内視鏡外科医)を読んでいたら、こんな記述を目にしました。



===著作権法につき引用開始===

緑茶を例に見てみましょう。
たしかに緑茶に多く含まれるカテキンには、殺菌効果や抗酸化作用があります。
そのため日本茶をたくさん飲んでいれば長生きするとか、ガンの予防につながるというストーリーが生まれました。でも私は、こうした「カテキン神話」にかねがね疑問を抱いていました。それは先にも触れましたが「お茶をたくさん飲む習慣がある人の胃相は悪い」という臨床データが出ていたからです。

カテキンはいくつか結合すると「タンニン」と呼ばれるものになります。
(一部中略)
非常に酸化しやすい性質を持っており、熱湯や空気に触れることにより容易に「タンニン酸」に変化します。そしてタンニン酸には、タンパクを凝固させる働きがあります。ここからは私の仮説ですが、こうしたお茶に含まれるタンニン酸が、胃粘膜に悪い影響をおよぼし、胃相を悪くしているのだと考えられます。

引用元:病気にならない生き方(新谷弘実/サンマーク出版)

===著作権法につき引用終了===

「知らなかった!」「じゃあ、緑茶はあまり飲まない方が良いのね」
と、この文章をストレートに受け取られる方々が多いと
思うのですが、くれぐれも誤解なさらないで戴きたいのは…

緑茶を飲むな、という意味ではないのです。
続きを読む
テーマ:気になる本をチェック!! - ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。