ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

デジタルハリウッド客員教授、色彩学の第一人者であり、
グラフィックデザイナーである恩師・南雲治嘉先生
(なぐも・はるよし/通称・HARU先生)の66歳を祝う会
「HARU緑寿★ROCK(通称・緑寿の会)」へ参加してきました。

会場の様子

主宰は、現在HARU先生が教壇に立っておられるデジタル
ハリウッドイメージビジュアルデザイン講座の方々。
圧倒的に若い生徒さんが多かったのですが、過去に30数年間、
教えてこられた教え子さんもちらほらといらっしゃいました。

受付を済ませて会場に入ると、壁面にはHARU先生とマチコ夫人、
南雲ファミリーの写真や歴代の仕事などが展示されていました。

HARU先生、若~~~い!

…と同時に、時代を感じるぜ(笑)。

HARU先生の歴史

開場時間になり、いよいよHARU先生の登場です。
前日、マチコ夫人に息ができなくなるほど大笑いされたという
HARU先生の衣装にもご注目ください。



[お断り]
HARU先生の教え子であれば、知らない人はいないという
伝説の「マチコ」夫人も同伴されたのですが、公の場に
出るのがあまりお好きではないとのこと。
当ブログでは割愛させていただきました。ご了承ください。
続きを読む
テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術
ゴールデンウィークが明けましたが、皆様いかが
過ごされましたでしょうか。
期間中は晴天に恵まれましたね~。

さて、ワタシが神奈川に引っ越して、かれこれ10年以上
経ちますが、神奈川のまつり50選にも選ばれている、
有名な「大凧まつり」をようやく念願叶って観ることが
できました。
子どもの健やかな成長を願って凧を揚げるのですが、
全国各地でこの大凧を揚げる祭りが行われたようですね。

この大凧は座間市ですが、縦横ともに13メートル、
102畳もの大きさ、重さは1トンもあるそうです。
江戸時代から200年も続く伝統行事で、大凧
地域同士で競い合ううちに時代を経るごとに
どんどんに大きくなっていったとのこと(笑)。
毎年手作りだといいますから凄いですね~。

飾り凧

ニュースなどでは軽々と大凧を揚げている様子が紹介
されますが、実際には南向きの風6メートル以上が
安定して吹かないと容易に揚げられないこと、
タイミングが合わないと大変であること、
そして、ものすご~~~く重労働なことを知りました。
いやはや、これは大変ですよ…。



本当は悠々と大空を舞う大凧を観たかったのですが
今年はちょっと難しかったようで…(汗)。
でも、とても楽しめました♪
毎年行われているお祭りなので、興味のございます方は
是非どうぞ。

なお、待ち時間がかーなーりー長いので(風次第なので
しかたがありませんが、ざらに2~3時間は待ちます)、
晴天時は水分補給や日焼け対策などをされていった方が
よろしいかと思います。

■座間の大凧
■相模の大凧 新戸大凧保存会(こちら凧の大きさ日本一!)
テーマ:動画 - ジャンル:ブログ
退院後、一週間が経ちました。
腸閉塞から復活して養生の日々を過ごしていますが、
寝込んでいるワケではなく、むしろ主治医からは、
腸の動きを活性化するためにも

「積極的に歩け!」

と云われているので、できるだけ毎日ウォーキングする
ようにしています。

週末は、ツレが気分転換にと地元のまつりに連れて
いってくれました。リハビリも兼ねて行ってきましたが、
満開のトンネルがとても綺麗でしたよ~~~♪

花見会場にて
続きを読む
テーマ:わぁいヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ わぁい♪ - ジャンル:ブログ
「厄除元三大師大祭(だるま市)」(東京・深大寺)へ
初めて行ってきました。

●厄除元三大師大祭・だるま市について
●深大寺

江戸時代から続くお祭りだそうで、人混みが物凄かったです!
関東近郊の車のナンバー(群馬や埼玉など)も多く、
駐車場は満杯、バスも臨時便が出ているほどの賑わいでした。

参道

さて、だるまですが、よくよく見ると表情が違いました。
りりしかったり、ちょっと気が抜けていたり(笑)。
だるまは定番の赤以外にも、風水に合わせてピンク、黄色、
金色、緑色、青色などがあり、意味がそれぞれ異なります。
また驚いたのが、だるまの値段って決まってないんですね!
同じ大きさなのに、屋台によってバラバラで売り子さんとの
駆け引きが楽しかったです。

だるま、ごっちゃり

こんなだるまもありました。
右が「2010FIFAワールドカップ必勝だるま」、
左が「阪神タイガースだるま」。

こんなダルマも

さて、お目当てのだるまをゲットしたら次に向かうのは…
続きを読む
テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行
我が家は、まだ「アナログテレビです。

地デジ対策は、切り替え直前まで待つんだもんねー
安くなるかもしれないしねー壊れる気配もしないしねー
と、そのまま使い続けていたのですが…

仏像大好。」(テレビ神奈川系)という新番組を
観た時のこと。驚きました!!!

ほとんど、画面が真っ暗じゃあーりませんか!

げげげ!何じゃこりゃ~~~~!


アナログテレビって

そういえば最近、やけに画面が暗くなったなあ…
テロップ文字も読みにくくなったなあ…と思っていたの
ですが、情報によると、現場は地デジ対応で撮影して
いるため、その映像アナログテレビで見ると、
どうしても暗くなってしまうのだそうです。

いや~ん、ほとんど何も判らずじまいでしたわん!

…というワケで、地デジ対応テレビをお持ちで、
テレビ神奈川を受信できる地域にお住まいで、
なおかつ、仏像に興味のございます方は
是非その番組の感想をお聞かせください~~~。
どんなに素晴らしい内容か、想像してみますので…。
テーマ:日々の出来事 - ジャンル:ブログ