ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

今回は、移動介助(トランス)を教わりました。
メニューは以下のとおり。

●全身麻痺と片麻痺の利用者さんを設定、
 ギャッジベッドから起こし、車椅子へ移動させる。
●全身麻痺と片麻痺の利用者さんを車椅子に乗せて散歩。
 終了後、ギャッジベッドで寝ていた位置へ戻す。
●全身麻痺と片麻痺の利用者さんを床ずれ防止のため、
 体位変換する(自力で寝返りが打てないのでお手伝い)。
●車椅子での段差昇降、踏み切りを横断するテクニック。
●杖で歩く全盲の利用者さんを外出介助(以下、ガイドヘルプ)。
●杖で歩く片麻痺の利用者さんをガイドヘルプ。

例えば、女性がたった一人で、自分よりも
身体が大きい利用者さんをベッドから車椅子へ
移動させようとした場合、力まかせに身体を
引っ張ったり、押したりすれば、それはかなり
負担のかかる作業に。それどころか自分の「腰」を
痛める結果にもなりかねません。

そこで、利用者さんと介護者にとって、
最小の力で最大の効果を引き出し、安全で
楽に移動介助が出来る「てこの原理」が登場
します。

要は、利用者さんの身体を出来るだけコンパクトに
まとめ、摩擦や利用者さん自身の身体の力を利用して
水平に移動させる技術なのですが、これは市販の
家庭介護の書籍やインターネットでも紹介されて
おります。

自宅に戻って、この移動介護を復習してみましたが
「てこの原理」を用いると、ワタシよりも
身体の大きなツレを最小の力で移動させることが
出来たんですよ~。
もし、あなたが誰かの介護の必要性を考えているのならば
ヘルパーでなくとも知っておいて損はない技術です。
しかし、それでも

介護は重労働だと実感!!!

休憩時間には、クラスメイト全員がぐったりして
ました(笑)。

また今回、車椅子にも乗りましたが、乗っていると
アルプスの少女ハイジに登場する、クララの気持ちが
ちょっとだけ分かりましたね~。
本当は立ち上がる能力があったのに、車椅子はとにかく
「快適で楽ちん!」。周囲にいる人々も「特別扱い」を
してくれる。どうしても依存してしまうんですね~。

スポーツライターの乙武洋匡さんは、ベストセラー
「五体不満足」(講談社)のエピソードで、小学1年生の頃
担任から「電動車椅子使用禁止令」をくらったとのこと。
それは、彼を特別扱いしない・車椅子に依存させない・
本人の残存能力を活かす。
そのために彼を付き離したとのこと。
結果的に乙武洋匡さんは車椅子なしでも自力で階段を
昇降したり、椅子に座ることが出来るようになった
そうです。

介護と言うと、ついつい何でもやってあげたくなって
しまうけれども、本人のことを思えば、愛を込めて
突き放すことも時には必要なんですねえ。

もう一つ。
ワタシが面白いな~と思ったのは、
杖で歩く全盲の利用者さんのガイドヘルプ。

全盲のガイドヘルプとは、盲導犬と同じく、全盲の
利用者さんを誘導する役割を担いますが、
犬と異なるのは、人間は「言葉」が話せるという点。

例えば…

「前方に狭い道があります。前へ進みます」ではダメ。

「前方に、人が一人通れるくらいの細い路地があります。
 ワタシが前方に立ちまして、後ろ手を組みますので
 こちら(と言って、自分の腕に掴ませる)にお掴まり下さい。
 それでは、50メートルほど前へ進みます」

こんな感じの説明ですと、全盲の方にも自分が今どのような
状況にいるのかイメージしやすいですよね。
ガイドヘルプは、今、まさに目の前に起こっている光景を
「言葉で描写」する。
イラストに例えれば、デッサンの部分ですよね。
この外出介助は、とっさに言葉が引き出せる、という意味で
文章を書く方には向いているように思いました。
なかなか楽しい作業でした。

また目隠しして、全盲の利用者さんの気持ちも体験
しました。これまで視覚に頼っていた分、情報が
すべてシャットアウトされてしまうと、一歩も
歩き出せないほどの「恐怖」を味わうことに。

明日は、食事介助と衣類着脱の介助を行います。
ワタシ自身も食べることが大好きなので、利用者さんに
美味しく召し上がって頂けるように介助したいですね。
図解百科はじめての在宅介護
図解百科はじめての在宅介護

新編老人介護の安心百科
新編老人介護の安心百科

新イラストによる安全な動作介助のてびき
新イラストによる安全な動作介助のてびき

イラストでよくわかる介護のポイント
イラストでよくわかる介護のポイント

 
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:福祉のプロを目指す - ジャンル:福祉・ボランティア
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/66-49630640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック