ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
認知症は、治らない病気だと思っていました。
決定的な治療薬はなく、せいぜい進行を
遅らせるのが精一杯の現状なのだと。

しかし、手術で治る認知症も存在することを
「とくダネ!」(フジテレビ系)で紹介され、
その映像に大変驚きました。

その病名は「iNPH」(特発性正常圧水頭症)。

頭の中の脳脊髄液の流れが悪くなる病気。
主な症状として「歩行障害」「認知症」「尿失禁」が
現れ、高血圧の人が発症しやすいとされています。
治療法は、今までの手術では頭に穴をグリグリ開け、
過剰に溜まっている髄液を、身体の他の部分に
迂回させる方法がとられていましたが
それでは高齢者に負担がかかり過ぎる!ということで
今回は、腰椎から細いチューブを入れ髄液を抽出する
手術(L-Pシャット手術法)が紹介されました。
もちろん、健康保険が適用されます。

この手術を受けることによって、寝たきりの患者が
自分の力で歩けるようになる。 食事ができる。
その映像に釘付けになりました。

認知症かな?と疑う場合、初期症状に「記憶障害」が
現れますが(少し前の出来事を記憶できない)、
iNPHの場合は「歩行障害」(ガニ股で小刻みに歩く)が
現れます。
ただし、アルツハイマー病やパーキンソン病の症状と
酷似するため診断は難しいとのこと。
また認知症を発症する原因とされる病気は、
現在70種類ほどあるため、すべての認知症に当てはまる
ワケではありませんが…疑われる場合は「タップテスト」を
受けると良いとのこと(髄液を少量抜き、歩行テストを
行います)。詳細は下記サイトをどうぞ。

●老人介護が楽になるiNPH
●高齢者水頭症とは

最近の医療系テレビ番組の傾向として、
医者バッシングに徹したり、情報に安易に振り回されるのは
どうかなあ~とは思いますが
「医師に全てをお任せするのではなく、情報収集から
 調査、交渉を行う力」(患者力)を高めるきっかけに
繋がれば良いですね。知っているのと知らないのとでは、
これからの少子高齢化社会ではますます差が出そう。
 ボケが手術で治った
ボケが手術で治った

痴呆症に負けない!
痴呆症に負けない!

私は誰になっていくの?
私は誰になっていくの?

痴呆症のすべて改訂第2版
痴呆症のすべて改訂第2版

書籍『脳梗塞、脳出血、多発性脳梗塞・認知症の後遺症はこれで改善!』
書籍『脳梗塞、脳出血、多発性脳梗塞・認知症の後遺症はこれで改善!』

徹底図解認知症・アルツハイマー病
徹底図解認知症・アルツハイマー病

もの忘れ外来
もの忘れ外来

ソバ好きがボケない理由
ソバ好きがボケない理由

 

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:健康生活:病気・治療法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/65-d5794ed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。