ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホームヘルパー2級の資格取得のため
本業(イラスト業)の合間をぬって勉強している
ワタクシです。

介護技術を取得するため、実技の授業が
始まりました。ゴールデンウィークを挟み、
前後8日間。
午前10時から午後5時まで授業です。

ワタシの所属するクラスは、合計13名。
内訳は、女性が11名(30~50代まで)。
まだあまり日本語が話せない中国人女性が1名。
ピアスをした20代男性が1名。
バラエティに富んだ顔触れとなりました。
さて。
「ホームヘルパー=お手伝いさん」と考えておられる方、
とっても多いそうです。

ヘルパーは、利用者さんの自立を支援するための援助を
行うために存在するのですが、身体能力が落ちると、
どうしても「あれをやって」「これもやって」と
依存的になってしまうとのこと。
でも、それは結局、利用者さんの残存能力を殺す結果にも
なりかねない。

「本人が出来ることは本人にやってもらう」ことが
介護の基本なので、お断りする作業もあるそうなのですが
よく理解されていない利用者さんや家族からは
クレームがくることもままあるそうです。

イラストレーターは、
「相場よりも安いギャラで請け負うこと」が結果的に
業界全体の質を下げてしまうことになりかねませんが、
ホームヘルパーは、
「利用者が出来ることまでやってしまうこと」が結果的に
輪を乱す(あのヘルパーさんはやってくれたのに!みたいな)
ことに繋がるとのこと。
こういうのって、どこにでもあるんだなあ~と思いました。

また、ホームヘルパーの資格を取得したからこそ
身内を介護する場合、家族や親戚から「介護が得意」と
思われてしまうこともあるそうで、実は「共倒れ」に
なってしまう危険性が非常に高いとのこと。
それはワタシも学びながらうすうす感じていたので、
何でもかんでも一人で抱え込んでしまわないよう
(特に女性は要注意!)気を付けなければならないな~と
思いました。支える人が元気でなければ介護なんて
出来ませんからね。

さて、今回は…

●ホームヘルパーの職業倫理
●介護保険の仕組み
●グループワーク「介護事例検討」

を学んできました。

難しかったのは、グループワーク「介護事例検討」ですね。
書類に記載された文章から「この人にはどんな介護サービスと
生活援助が必要か」グループで話し合うのですが、これが
難しかった。

例えば…

1)一人暮らしのAさんは、脳卒中のため右方麻痺となり
 入浴、排泄、食事などの日常生活が困難になった。
2)Bさんは身体が不自由なうえに、糖尿病があり、血圧も
 高いので、ヘルパーの援助で定期的に通院している。
 そして、いつも健康に不安をもっている。

どうでしょうか?
この文章から、利用者さんにどんな介護をしてあげたら
良いかイメージ出来ますか?
実際の書面も、こんな感じで記入されることが多いそうです。
宜しければ考えてみて下さいね。

ワタシは本職のおかげで、文章からビジュアルでイメージ
する土台が出来上がっているため、悩む箇所はあったけれども
何とかこなせたのですが、一般の方にこの作業は非常に
難しかったようです。

講師の言葉で印象に残ったのは
「利用者を寝たきりにさせてしまっているのは、
実は介護者自身である」。

安全な介護技術だけではなく、介護にも「想像力」「発想の転換」が
必要だとおっしゃってました。痴呆老人の行動にはすべて意味が
あるので「想像力」を働かせて考えることが何よりも大事。
介護だからこそ、必要なのかもしれません。
 ホームヘルパーのための相談・助言ハンドブック
ホームヘルパーのための相談・助言ハンドブック

介護スタッフにもとめられる高齢者を理解すること
介護スタッフにもとめられる高齢者を理解すること

高齢・精神障害者とホームヘルパー
高齢・精神障害者とホームヘルパー

ヘルパーさんの日頃の疑問
ヘルパーさんの日頃の疑問

ヘルパーにもいわせて!
ヘルパーにもいわせて!

介助に必要な人間理解と制度の活用
介助に必要な人間理解と制度の活用

ホームヘルパーのための痴呆ケアハンドブック
ホームヘルパーのための痴呆ケアハンドブック

あきらめないで、働きながらの介護術
あきらめないで、働きながらの介護術

訪問介護の実際
訪問介護の実際

介護職を理解する
介護職を理解する

 
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:福祉のプロを目指す - ジャンル:福祉・ボランティア
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/63-e03f35fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。