ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は外科外来で
腸閉塞の術後経過を
2代目主治医に診察していただきました。


補足
ワタシは2010年3月と9月に腸閉塞のため緊急入院、
二度の手術を経験しています

時計 時計 時計

最近は腹部にこれといった痛みはありませんが
ご飯を食べると
お腹が異様にぽっこり膨らむことが。
この現象はいったい何だろう~!?
思っていました。

時計 時計 時計

主治医の話によると、
二度の手術、
特に9月の癒着による手術の影響で
食べ物の通過が多少渋滞気味の箇所が
ある
とのこと。
確かに、食事の内容によっては
いつまでたっても胃が重いことも。
腸が飛び出してこないように
腹帯をするようにと指導されました。

時計 時計 時計

また、ワタシが毎食後服用している
医療用の漢方薬
「大健中湯(だいけんちゅうとう)」
(腸の動きを活性化する効果がある)は
茨城で製造されているのですが、
大震災の影響で工場が一時閉鎖されたため、
処方された量はかなり少なめでした。
前回は箱ごと処方されたというのに…

薬剤師さんの話によると
薬によってはまったく処方できない
種類もあるのだとか。

主治医からは、
もう薬を減らしても良い段階に入ったので
少しずつ様子を見て服用するように、
と指導されました。
量は減ってしまったけど
手元に薬があるだけでも有難い…
と感じました。

こういう形での震災の影響もあるんですね。

時計 時計 時計

ワタシの身体は、ガソリンタンクの
小さな車のようなもの。
いっぺんに大量の食事はできないけど、
すぐに空腹を感じてしまう。
が、小学生並みの消化力ゆえ
食べ過ぎると詰まってしまう。
生まれつきこういう身体なので
一生付き合っていくしかありません。


調べたら、
今月中旬やっと工場復旧の
兆しが見えたそうですが~

↓ツムラが震災被災の茨城工場を操業再開
http://iryojinzai.net/707.html

いつまでも薬に
頼りっぱなしなのも何ですし、
本当に必要とされる方々に
薬が届けられますように。
食生活を改めて見直そう!と感じました。

健康であること、
これもまた復興支援ですね♪
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。