ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワタシ自身に「低残渣食(ていざんさしょく)」という
食事療法が降りかかったことで、我が家の食卓は一変しました。

低残渣食(ていざんさしょく)」とは、生まれつき狭い腸管に
食べ物が詰まらないよう、食物繊維が多い野菜やフルーツ、
また、腸を過剰に動かしてしまう脂肪分が多い肉魚などを控え、
腸の負担を少なくする食事療法です。

ワタシは、わずか半年足らずで腸閉塞を再発してしまったことで
以前よりも多くの食事制限が出されました。

レシピ本

食材を挙げると、ざっとこんな感じになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

腸閉塞患者のOK食材、NG食材と料理法一覧

◎主食OK食材と料理法
やわらかいお粥、雑炊、白米

×主食NG食材と料理法
玄米(食物繊維の塊のため)、もち米、寿司、お茶漬け、チャーハン、
パン(意外に腸管に詰まりやすい)


◎麺類OK食材と料理法
うどん(食べるならよく煮込むこと)
そうめん(食べるならよく煮込むこと)

×麺類NG食材と料理法(よく噛まずに丸呑みしてしまうから)
そば、ラーメン、焼きそば、スパゲティ、白滝、こんにゃく、春雨)

◎肉と魚OK食材と料理法
白身魚全般、カレイ、タラ、キス、タイ、カマス、アジ、カキ、
はんぺん(バター焼き)、煮魚、蒸し魚、焼き魚、ムニエル、ホイル焼き
鶏肉(蒸し鶏)、赤身のひき肉(煮込みハンバーグ)

×肉と魚NG食材と料理法(脂肪が腸を過剰に動かしてしまうから)
刺身(鮮度に注意が必要)、ブリ、塩サケ、サンマ、サバ、ウナギ、イカ、タコ、貝類、干物、
霜降り肉、ブロック肉、バラ肉、ラード、ハム、ベーコン

×揚げ物NG食材と料理法(脂肪が腸を過剰に動かしてしまうから)
天ぷら、かき揚げ、トンカツ、空揚げ、フライ

◎野菜とフルーツOK食材と料理法
じゃがいも、里芋、大和芋、サツマイモ、ほうれん草、にんじん、かぼちゃ(皮を剥く)、ナス(皮を剥く)、
オクラ、大根、カブ、冬瓜、玉ねぎ、トマト(皮を剥く)、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、
煮物、お浸し、蒸し野菜、コンポート、ジュース、ポタージュ、スープ、
りんご、桃、みかん、いちご、メロン、缶詰のフルーツ
×野菜とフルーツNG食材と料理法(繊維質が腸管に詰まりやすいから)
ゴボウ、れんこん、たけのこ、セロリ、とうもろこし、もやし、ニラ、春菊、きのこ
梨、柿、パイナップル、夏みかん、バナナ、ドライフルーツ、干しいも、干し柿、漬物

◎玉子類OK食材と料理法
うずら玉子、マヨネーズ、半熟玉子、茶碗蒸し、玉子豆腐、オムレツ、卵とじ
×玉子類NG食材と料理法
堅ゆで玉子、揚げ玉子、堅い炒り玉子

◎豆類OK食材と料理法
緑豆(豆類の中で最も消化が軽い)
ムングダール(緑豆の皮が取り除かれている)
ひきわり納豆(大豆の皮が取り除かれている)
湯豆腐
×豆類NG食材と料理法(食物繊維が豊富のため、豆の外側の皮が硬いから)
大豆、小豆、枝豆、煮豆、きな粉、納豆、凍り豆腐
油揚げ(食べるなら湯通ししたもの)、
厚揚げ(食べるなら湯通ししたもの)

◎その他OK食材と料理法
練りごま、すりごま
×その他NG食材と料理法
海藻類(ワカメ、ひじきなど)
ごま(外側の殻が硬くて消化に悪いから)、
ナッツ類、スナック菓子(ポテトチップなど)

◎乳製品OK食材とドリンク
温めた牛乳(ワタクシ的お薦めは低温殺菌牛乳を少量ずつ)
スキムミルク、ヨーグルト、生クリーム
バター(もしくはインドの精製バター・ギー)
×乳製品NG食材とドリンク(腸を冷やし、下痢になってしまうから)
冷たい牛乳(ドリンク)を一気に飲むこと
アルコール類全般
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いかがでしょうか~。
ワタシは最初、あまりにも多いNG食材に驚きましたし、食べられない
ショックが大きかったです。
低残渣食の主な調理法は「ゆでる、蒸す、煮る」です。

全体的に柔らかくて消化によく(目安は形がなくなるくらい
加熱してクタクタになったもの、赤ちゃんの離乳食をイメージ
すると判りやすいです)、一度であれもこれもと欲張って
大食いをせずに、回数を分けて、30回以上噛んで、ゆっくりと
食事をするように…と管理栄養士さんに指導されました。

具体例を挙げます。
たとえば、これはデニーズで外食した時の写真です。
注文した料理は「鶏肉とたっぷり蒸し野菜の生姜味噌ソース御膳」です。

↓食前はこんな感じです。
蒸し野菜と鶏の御前・食前

↓こちらが食後です。NG食材だけが残りました。
蒸し野菜と鶏の御前・食後
ワタシの場合、野菜サラダに付き物のレタスは生では食べられません。
よく噛んでも食物繊維が口の中で残ってしまうため、自宅で食べる場合は
千切りにして湯通し、噛みやすく加工して少量を食べます。

生の白髪ねぎは麺類のようで、よく噛むのが難しかったので、同席していた
ツレに食べてもらいました。

主食は一日三食、ご飯かお粥を食べています。
朝と夜はかなり控えめに、ご飯なら60グラム(女性用茶碗で三分の一程度の量)、
昼は消化力が高い時間帯なので120グラムです。
この場合はデジタルスケールでは計量しませんでしたが、見た目で明らかに
量が多いのが判ったので、半分をあえて残しました。

また、親子丼のようにご飯に何かがかかった状態で食べるとしましょう。
それだけで口の中のご飯がツルツルと滑ってしまい、よく噛むのが急に難しく
なってしまうので、できるだけご飯が独立している和食を食べるようにしています。

海藻類はよく噛まずに飲み込むと、腸壁にへばりついてしまいます。
だから、ワタシはカルシウム不足を補うために、ミルサーにかけ
下記のような自家製ふりかけにしています。
自家製ふりかけ

サツマイモは外側の部分に食物繊維が多いため、贅沢な食べ方ですが
真ん中だけを食べるか、あるいは蒸した後で裏ごしします。
こちらは裏ごししたサツマイモで、自家製芋羊羹を作りました。
芋羊羹

NG食材は基本的に避けていますが、自分なりに噛みやすさを考慮し、
腸への負担を減らす工夫をしながら、消化に良い食事を心がけています。
よく噛める料理法にするか、あるいはすりおろしたり、裏ごししたり、
フードプロセッサーやミキサーにかけたり、スープやジュース、
ふりかけ等に加工したり。腸管に通りやすくすればオッケーなのだそうです。

管理栄養士さんからは、生真面目に受け止めすぎると、あれもダメ
これもダメとがんじがらめになって、余計なストレスを生むことになるので、
適度に息抜きしながら続けるよう指導されました。

次回は病院で出された低残渣食をご紹介します。



↓開腹手術を受けた患者さんにお薦めします
  
   
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体
コメント

参考になりました。僕自身、腸閉塞を繰り返しているので対策に悩んでいました。
2011/01/09(日) 05:41:02 | URL | 隼人 #- [ 編集 ]

詳しくて、わかりやすいです~(*^^)
2011/05/25(水) 08:56:46 | URL | とも #- [ 編集 ]
ありがとうございます!
>隼人 さん
腸閉塞は繰り返しやすいですよね。
ワタシも再発には気を付けています~。
このブログ、引っ越しましたので、宜しければ遊びにいらしてくださいね♪

↓新・ワタクシ的茶碗三杯
http://ameblo.jp/cyawan3hai/
2011/09/08(木) 21:45:53 | URL | puanpowan #- [ 編集 ]
ありがとうございます~
>とも さん
そうおっしゃっていただけると励みになります!
このブログ、引っ越しましたので、宜しければ遊びにいらしてくださいね♪

↓新・ワタクシ的茶碗三杯
http://ameblo.jp/cyawan3hai/
2011/09/08(木) 21:46:54 | URL | puanpowan #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/406-c79eca73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。