ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

退院後、二週間が経ちました。
今週は退院後初の外科の外来診察も控えています。

ほぼ毎日のウォーキングと食事のリハビリを続けたおかげで
便秘になることもなく(腸閉塞は便秘が大敵!)、ご飯を
美味しく食べ(まだラーメンや生クリームたっぷりのケーキは
無理ですが)、よく眠れ、日常生活のぺースをゆるゆると
取り戻しつつあります。しばらくお留守だったイラストも
「また描こうかな」という意欲が湧いてきました。

入院中は約一週間ほど絶食絶水状態でした。主治医の
監視下での食事のリハビリは、まず水から始まりました。
完全にストップしてしまった腸はゆっくりと動き始め、
お通じの状態をチェックしながら、徐々に食べ物のウェイトが
重くなってゆきました。主治医からは「ご飯を食べられる
ようになったら退院です」と云われ、夢にまでご飯を見ました。

病院食は味気ない、という声がよく聞かれますが、
ワタシはむしろ逆で「食べられる」ことが嬉しくて嬉しくて
たまりませんでした。今日は何が食べられるだろう…
明日は何が食べられるだろう…食事の時間がいつも楽しみでした。
笑われるかもしれませんが、ある日の病院食で出された
プリンのカップの底にたまったシロップを舐めて、涙が
ボロボロとこぼれてきたこともありました…。

普段の生活では絶対にありえないことですが、

口に入るものが心から有難かったのです。

念願のご飯が出た時、それはもう嬉しかったですねえ。
真っ白い米粒がピッカピカに光り輝いて見えましたから…。

食べることは生きること。

ワタシは愚かな人間なので、失ってみないと自分がどれだけ
恵まれた環境にいるのかが判りません。
病気をネガティブなイメージで捉え、否定される方は多いですが
病気にならなければ知らなかったことや判らなかったことが
いっぱいあったのもまた事実。

そういう意味では、ワタシにとって病気は贈り物でした。
病気から教えられることがたくさんありました。
口先だけでなく、自らの経験から痛みや苦しみを判るように
なった気がします。


幸せの基準は人それぞれだけど、ワタシの場合はとてもシンプル。
不平不満を数えるよりも、幸せに感じることを数えたい。
そうすることで優しくなれそうな気がするからです。

今は、

たったコップ一杯の水を飲めること、

たった一口のご飯を食べられることを、

ただただこのうえなく幸せに感じる日々です。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:健康生活:病気・治療法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/377-34b6a15d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック