ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

「厄除元三大師大祭(だるま市)」(東京・深大寺)へ
初めて行ってきました。

●厄除元三大師大祭・だるま市について
●深大寺

江戸時代から続くお祭りだそうで、人混みが物凄かったです!
関東近郊の車のナンバー(群馬や埼玉など)も多く、
駐車場は満杯、バスも臨時便が出ているほどの賑わいでした。

参道

さて、だるまですが、よくよく見ると表情が違いました。
りりしかったり、ちょっと気が抜けていたり(笑)。
だるまは定番の赤以外にも、風水に合わせてピンク、黄色、
金色、緑色、青色などがあり、意味がそれぞれ異なります。
また驚いたのが、だるまの値段って決まってないんですね!
同じ大きさなのに、屋台によってバラバラで売り子さんとの
駆け引きが楽しかったです。

だるま、ごっちゃり

こんなだるまもありました。
右が「2010FIFAワールドカップ必勝だるま」、
左が「阪神タイガースだるま」。

こんなダルマも

さて、お目当てのだるまをゲットしたら次に向かうのは…
深大寺境内にある「だるま開眼所」で、だるまに
目を入れて戴きます。これまた更に長蛇の列です…。
この先に何があるのかと云いますと…

だるま開眼所

お坊さんが「物事の始まりを表す」という「阿(あ)」にあたる
梵字をダルマの左目に筆で書いてくださいます。
また「物事が終わる」時には「吽(うん)」を右目に入れ、
深大寺に納めてお炊き上げしていただくのだそうです。
ありがたや~ありがたや~

目を入れてもらう

というワケで、これがゲットしただるまさんです!
だるまで有名な「高崎だるま」を購入しましたよ~。
金色は、開運や金運の意味があるとのこと。
赤色は総合運だそうです。
今年一年の無病息災を祈願して。

だるまです

ではでは、参道へ戻りましょう。

お好み焼き、たこ焼き、りんご飴、焼きとうもろこし、
焼きそば、甘酒、唐辛子、干物、鮎の塩焼き…
美味しそうな匂いが辺りを漂います。

普通の縁日ではちょっと見かけない、スピリチュアルな
屋台(?)もありました。下記はお守り屋さんだそうです。
携帯ストラップにつけるお守りなどを作ってました。

お守り屋さん

こちらは、さすがに白蛇はいなかったけど(笑)、
看板が目立っていたので、人目を引いてました。

白蛇

…と、突然目の前にゆるキャラ発見!!!
ぬおーーー、手作り感たっぷり(笑)。

ゆるキャラ?

この着ぐるみは、深大寺ではなくて、その近辺にある
お蕎麦屋さんが制作したものだと判明。
しかし、このだるまさんは視界が狭いらしくて、ワタクシ
左側で手を振りアピールしたにも関わらず、ほとんど
見えてない様子でした(笑)。

そう!深大寺といえば、何といっても有名なのは

「深大寺そば」でっせ!

参道には、20軒を超える手打ち蕎麦店がズラリと並びます。

亡き父は蕎麦が大好きで、あちこち食べ歩いていたそうで、
ワタシもその遺伝子を受け継いだらしく…(笑)。
特に、亡き父が深大寺でお気に入りだったお店「玉乃屋」さんでは
「にしんそば」が好きだったとのこと。
ワタシはもりそば(700円)と、そばまんじゅう(2個200円)を
戴きました。コシが強くて、噛めば噛むほど蕎麦の美味しさが
口中に広がります。どうぞご贔屓に~。

●玉乃屋

深大寺そば
そばまんじゅう

こちら、参道で見かけた大黒天さんと恵比須さんの石像です。

神様の像

神様って、いつも笑ってらっしゃるんですよね。
見ているだけでも幸せな気分になります。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行
コメント

おひさでございますぅ。実は、私も毎年行っているのですよ。もう20年近く(笑)会社も半休とって。今年は、3日に行きました。よい天気だったよね。
2010/03/16(火) 12:40:16 | URL | IBAKO #- [ 編集 ]
ご無沙汰してますう!
>IBAKO さん
うっそー、ワタシも3日に行きましたよ~~~ん。
てことは会場ですれ違ってた可能性もあったのかしら。
IBAKOがだるま市のヘビーユーザー(?)とは知らなかった~
ワタシは今年初めてだったので、洗礼を受けた気分ですわ(笑)。
また来年も行きたいと思ってます!
2010/03/16(火) 15:36:58 | URL | ゆうこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/373-2410a596
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック