ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今回のアーユルヴェーダ学会の目玉は
書籍「アガスティアの葉」などで知られる青山圭秀さんと
スピリチュアルカウンセラー江原啓之さんの特別対談
「スピリチュアリティーとは?ヴェーダをひも解く」です。

当日は朝早くから少しでも良い席を確保するため
女性客で溢れ返り…受付はいきなり大混雑!

実は、今回の学会ではデジカメを忘れ、前日の
1dayセミナーではステージ中央のスライドが見えにくい
位置に座ってしまうというミスをしてしまいました。
ですので、今回は文字を可読できる位置で、
また、すべての講義を朝早くから夕方まで聴きたかったので
立ち見は絶対に避けたかった。
いつも以上に早起きして会場に駆けつけたワタシが
ゲットしたのは、何と…

ステージ最前列!

やった~~~オイラって我ながら勉強熱心~~~!
と一瞬喜びましたが、これって裏を返せば、寝たら一発で
バレる位置(笑)。ああ、せめてヨダレをたらして寝て
しまわぬよう、有名な大学教授やお医者さんの失礼に
あたらないように気をつけねば~~~!

学会が始まり、興味深い講演が次々に発表されました。
ヨダレをたらして寝てしまうかも…と思いましたが、いやいや
これが実に面白くて、世の中にはまだ知られていないけど、
ユニークな研究をなさる人々が大勢存在するのだと実感
しました。

バラ

午後になり、江原さんが登場する数分前には、立ち見の
女性客も大勢集まり、会場は異様な熱気に包まれました。

顎には若干のお髭がみられ、黒シャツに金髪というラフな
スタイルの江原さんがステージに登場すると、スゴイ勢いで
カメラのフラッシュが焚かれ、観客として見ている方も
目がチーカチーカするほど。「皆さん、お話を聞きに
いらしたんですからカメラは止めませんか?」
という
江原さんの一言で、やっとフラッシュがおさまりました。

そして何と驚いたことに

江原さんはワタシの正面に座られました。

距離にして3メートルもありません。

お互いの表情がハッキリと確認できる距離でした。
特別対談が始まりました。
ワタクシ的江原さんの第一印象は

「でかっ!」

でした(笑)。
あ、これは体格のことですよ。大柄な方なんですねえ。

そして、その口調はテレビでよく知るトーンではなく、
江原さんご本人も「テレビで映っている私は嘘です!」と
冗談めかして話されていましたが、

「下町育ちのチャキチャキっ子」

という印象を受けました。

内容ですが、ワタシはアーユルヴェーダにちなんだ対談に
なるのかな?と思っていたのですが、青山さんによると
「台本も何もない、ぶっつけ本番状態」だったそうで(笑)、
その掛け合い(?)もユニークでした。

江原さんは、スピリチュアリズムの専門家。
科学では解明されない世界について、霊感について、
そして、これからの地球人類の生き方について、
たとえば…

シンプルに生きること

愛ある行動を起こすこと

人の悪口を言わないこと

人の責任にしないこと

甘え(依存)から脱却すること…


等々を熱くやや飛ばし気味に語られました。

青山さんはご自身の不思議体験談なども交えつつ、
ヴェーダ理論(宇宙の始まり 等)で追いかける
展開となりました。1時間足らずの対談でしたが、
全然時間が足りませんでしたね~(笑)。

バラ1

(信じる信じないは別にして)江原さんはテレビでは
話せなかった内容を「顔が見える距離」で伝える
活動を始められました。

ワタシは「エハラー」ではありません。
でも、マスコミのバッシング報道は目に余るものが
ありましたし、人の悪口を受け取る側も(それに同調するなら
別ですが)あまり気持ち良いものではありませんでした。

個人的に感じたのは、

江原さんもまた、ワタシたちと

同じ一人の人間だということ。

人間臭さを感じました。

それは彼の良い面も悪い面も含めてです。


情報を正しく伝えるのは至難の技だと思っています。
相手が都合の良いように解釈して理解してしまったり、
最初から拒絶されてしまったり、事実が捻じ曲がって
伝わってしまうことは珍しいことではありません。

それでも伝え続け、愛ある行動を起こし続ける。
そんな江原啓之さんの「人間としての姿」から
心を動かされる人々が今後も増えるのかもしれません。

●江原啓之批判の誤解を解く

江原さんは、来年からホスピス建設を考えておられるそうです。
ワタシの実父は3年前にあるホスピスで亡くなりましたが、
その時の状況は今でも昨日の出来事のように思い出せます。

ホスピスのアプローチは、数限りない方法があるのかも
しれません。西洋医学だけではなく、アーユルヴェーダも
加わったら素敵だなあと思っています。
 

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:アーユルヴェーダ - ジャンル:心と身体
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/341-67dcc4bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。