ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

初めての方は 
●日の丸一家の家計簿(2009年8月23日付) 
を最初にご覧ください。

◎ 当記事をお読みになる方へ ◎
当方は、政治経済の専門家ではございません。
単なる一般市民です。
批判や中傷、議論をする意志もございません。
最終的なご判断は読まれた方にお任せさせて戴きます。
共感した部分だけ受け取って戴ければ幸いです。

===著作権法により引用開始===

ところが「あなた」の近隣にはおかしな人が住んでいて、
一家の家計状況について妙な悪口を撒き散らしている。

曰く、

ご近所さん1

「あの人(=あなた)の借金は、975万円もあるそうだ!
 破綻だ!破綻だ!」
(いや、その975万円は、私の借金じゃなくて「私が父親に貸しているお金」
 なんだけど……。それに、父親は借金だけじゃなく、一応468万円ほど
 資産も持っているよ)


ご近所さん2

「あの一家は、父親の借金が、何と1,000万円近くにも達している!
世界最悪の借金一家だ!」
(だから、父親の借金の「債権者」は私だって……。
 しかも、うちの一家は外に対して、世界で最もお金を貸しているわけなんだけど!)


「父親の借金975万円は、あの一家の年間の収入を超えている!
 破綻だ!破綻だ!」
(いや、別に借金額が収入を超えていたところで、破綻はしないでしょう。
 そんなこといったら、住宅ローンを組めないよ)


ポイントがお分かりいただけただろうか。
日本破綻原理主義者たちの出鱈目、ミスリードには、複数の嘘の情報が
交じっているので、この場を借りて覆しておきたい。

引用元:書籍「ジパング再来」三橋貴明(講談社)P42~43より



●三橋貴明 公式ブログ・新世紀のビッグブラザーへ


===著作権法により引用終了===

↓三橋貴明さんの著作物に興味ある方はどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済
コメント

はじめまして、三橋さんのブログから来ました。
「ジパング再来」まさかの漫画化、大いに楽しく読ませてもらっています。

気になったのですが、1コマ目の「お父さんの借金(国の借金)」は「お子さんの借金(国民の借金)」ではないでしょうか、
いや、論理的におかしすぎて違和感があるのはすごくごもっともですが
本文を読むとそのような意味でとれますし、実際そういうご近所さんの声がよく聞かれるのもまた事実ではないでしょうか。

長文失礼しました、1週間楽しみにしています。
2009/08/24(月) 18:08:50 | URL | Fia #V/VC4dN6 [ 編集 ]
初めまして~
> Fia さん
ご訪問戴きまして、ありがとうございます。
勝手に漫画化してしまいました(笑)。
三橋貴明さんにも気に入って戴けたようで、大変
有難く思っております。

ご指摘の件ですが、これにはまだ続きがございます~。
また宜しければ読みにいらしてくださいませ。
2009/08/25(火) 01:15:00 | URL | ゆうこ #- [ 編集 ]

勉強になりました。
住宅ローンの話にいまさらながら目から鱗が落ちた感じです。何となく借金に嫌悪感をもってしまいがちな日本人でも多くの人が住宅や車のローンをつかってるので説明しやすいですね。
「やれやれだなー」とお父さんが2回繰り返しているところに、本当に大丈夫なんだという感じが表れててすごくいいです。
2009/08/25(火) 21:21:16 | URL | ma #- [ 編集 ]
ありがとうございます~
>ma さん
「借金」という言葉の響きが、ネガティブなイメージを連想
させますよね~。それがますます不安になりますし…。
まさに、お父さん的心情としては
「やれやれだな~」という言葉が云い得て妙かな、と
思いました(笑)。
2009/08/26(水) 08:36:15 | URL | ゆうこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/296-658d0a6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック