ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

15日夜に放送された「オーラの泉」(テレビ朝日系)を
久々に観ました。
ゲストが脚本家・倉本聡さんだったからです。

最新作の舞台「歸國(きこく)」は

「今の日本を、戦没していった英霊が見たら 
 いったい何というだろうか」

というテーマで執筆された作品。
戦後10年ならまだしも、64年経った今の日本を見た英霊は
「怒り」を感じるのではなかろうか、というのが倉本さんの
出された結論でした。

「子どものために命を投げ出す親」が少なくなったという
話題が番組中にありましたが、倫理観が崩れつつある現代、
かつての常識が通用しなくなったことに、英霊でなくとも
おかしいと感じる方々は多いのではなかろうか、と思いました。

以下は、倉本聡さんの言葉です。

オレガノの花

僕は、8つの賞を受賞した時、ある事を考えたんだ。
それは、 本当に賞を取ったのは僕かな?という事。
だって、机に向かっている時は僕が書いてるんじゃなく、
何かに憑かれて書かされていたんだもの。
で、考えた末、僕が書いたんだ!と思うことにしたんだ。
そしたら、4年間書けなくなった。
でも、版画家の棟方志功さんのドキュメントを観た時、
ある事に気付いたんだ。

棟方さんは、
「僕が作ってるんじゃない。神が創らせているんだ。」
と言っていた。

だから、ああ、やっぱりそういうことだったのか…と。
つまり、アーティストやクリエイターは霊や神に
奏でられる善い楽器であればいいんだよ。
僕はただ、霊や神が乗り憑つり易い、澄んだ、清らかな、
自分で在ればいいんだ。

引用元:オーラの泉2009年8月15日放送分(脚本家・倉本聡)
作品制作をしていると、よく「何かが降りてきた」という表現をします。
あるいは時間が経つのも忘れ、ご飯を食べるのも忘れ、無我夢中で
作品制作に没頭する時…。
「ランニング・ハイ」ならぬ「ペインティング・ハイ」という表現をする時も
ありますよね。

そういう時っていうのは、自分の力だけではない、何かが働いている
のかもしれないなあ~と感じました。

そして、今の自分は不安を感じ過ぎて焦っていること、
経済的な収入や成功に執着し過ぎていること、
誰も注目してくれないことに怒りを感じること…
自分の心に隠されていた、さまざまな感情にも気付かされました。

本当に伝えたい「想い」と「謙虚さ」を置き去りにしたままで…。

倉本聡さんの言葉から、常日頃、忘れかけていたものを思い出し、
じっくりと考えさせられた回でした。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体
コメント
そういうアーティストはいますが
私はアーティストですが、取りつかれたように創作することがあります。しかし、神や霊がそうさせるとは一度も思ったことがありません。ひとつのことに一途に努力してきた者にとって、ある時期、噴出するがごときいいものができることがあります。私が考えるに脳の中に蓄積とネットワークが密度を増し、ある日、ひらめきや能力が溢れ出てくるのだと思います。   
もし、神や霊的なものの作用があるとしたら、それはおそらく、その人間に心地いい、自然の恵み、環境、波動、五感を活発化させる感覚、などなどのせいでしょう。   

一般に人はなにかを成し遂げたとき、神や仏の力であるとしたがります。気持ちはわかりますが、わたしはもうすこし、冷静に物事を考えてみたいと思っています。 
わたしが危惧するのは有名な作家がオーラがある、霊が作用する、と若い方々に想い込ませるのではないかということです。テレビ“オーラの泉”あれは困ったもんです。そう思われませんか?  
日の丸一家の経済学、素晴らしいです。実は私も三橋貴明さんの賛同者です。
真実を広めていかれるあなたに敬意を持ちます。  
よろしくです。
2009/08/25(火) 22:54:57 | URL | あるアーティスト #EBUSheBA [ 編集 ]
ありがとうございます~
>あるアーティスト さん
日の丸一家の経済学、毎日更新していくのは大変ですが、
三橋さんに傷をつけないように、一生懸命描かせて
戴いています。そういうお言葉を戴けると有難いです。

「オーラの泉」は娯楽として時々観ていますが、そういう
不思議体験が本当かどうかは本人でない限り、よく
分からない…というのが正直なところです(笑)。

作品制作時でよく心がけているのは、あれこれ考えた末に
「頭を空っぽにさせる」ことなんですが、アイディアが出て
こない時って、まさに地獄のように苦しいですね
(地獄に行ったことないけど・笑)。
おっしゃるように、環境や何やらで左右されること、よく
ありますよね~。本当はいつでも集中できるのがベスト
なんですが…。

スピリチュアルブームと云われて久しいですが、地に
足を着けて生きていくことこそが、究極のスピリチュアル
ではないかな~と思っています。
お互いに、前向きに頑張っていきましょうね!
ありがとうございます!
2009/08/26(水) 08:55:23 | URL | ゆうこ #- [ 編集 ]
ゆうこ様へ
丁寧なご返事ありがとうございました。お互い前向きに~いいですよね(^.^)b     
“地に脚をつけて”まったくそのとおりだと思います。地球という素晴らしい大地、大自然にしっかり自分の脚で、自分の感覚で、しかも、大自然から教わりながら立って行こうと思います。


三橋貴明さん、広宮孝信さん、このお二方は現代の平成維新の雄だと私は思っています。 
このお二方から本当のことを知って私はビックリ!それこそ天と地がひっくりかえるほど衝撃を受けました。“な~んだ、今までの経済学者、政治家はなんにも知らなかったんだ、アホだったんだ~”とね(笑)   
健康に留意なさりがんばってくださいね。よろしくです。
2009/08/26(水) 11:48:47 | URL | あるアーティスト #- [ 編集 ]
こちらこそ~
>あるアーティスト さん
いえいえ、何度もありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願い致しますね~
2009/09/01(火) 09:11:57 | URL | ゆうこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/291-d6a0429f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック