ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

アーユルヴェーダが初めての方はこちらをご覧ください。


あれよあれよという間に月日は流れ~
気付けば、アーユルヴェーダ講座は第4回目を
迎えました。今回のランチは丼です。

写真左上より時計回りに…
・バターミルク(精製したヨーグルトドリンク)
・ホーリーバジルティー
ご飯に載せられたもの
・ズッキーニのチャトニ(ペースト、ディップ)
・ニンジンのトーレン(ポリヤル・炒め物の一種)
・キチュリー(お粥)
・ラッサム(南インドの野菜スープ)

アーユルヴェーダ丼

日本ではあまり馴染みのない食習慣ですが、
アーユルヴェーダのランチに限らず、インドでは
カレーやサブジ(お惣菜)をぐっちゃぐちゃに
混ぜ合わせ、それを右手ですくって食べます。
何と、バターミルクもご飯にかけちゃいま~す!
(ただし水分が多過ぎれば、さすがにスプーンで
すくって食べます)

ワタシは最初
「ええっ、一品一品が美味しいのにもったいな~い…」
と思ったのですが、それがインドでは正式な食べ方。
郷に入っては郷に従え…ということで、そのように食べて
みましたら…

混ぜ混ぜ~

不思議なことに、やっぱりこの方が

断然美味しいんですよね~!


香取薫先生
調理担当の香取薫先生曰く…

「口の中に入れた時のハーモニーを考えながら
 
 おかずの組み合わせを考えるのが難しい」


とのこと。う~む、それはそうでしょうね~
ワタシは一品一品でもアップアップ状態なので
到底足元にも及びません~あはあは~(開き直りっ)

さて講義を終えて、自宅に向かう途中で

ワタシの胃腸に異変が起こりました。
消化に良くて、健康にも良いアーユルヴェーダのランチを
戴いてきたのに、何故か胃腸がキュルキュル~と
痛み出したのです!

謎のハライタ?

あれえ~、おかしいなあ~
あんなに美味しいランチだったのに~
何がいけなかったのかなあ~

と、つらつらと考えたのですが、いよいよ胃は痛み、
自転車を漕ぐのもやっとの体力しか残っておらず
ワタシは息も絶え絶えになって、自宅に着いた途端
あしたのジョーの力石徹のごとく叫びました。

「メ、メシだあ!メシをくでえええええ!」

そうです!
実はあのアーユルヴェーダ丼は、マッハの
スピードであまりにも消化が良過ぎたために、
ピッタ体質(火のエネルギーが強い・
小腹が減りやすく、空腹に耐えられない)の
ワタシの身体にとっては夕食まで持たず、

エネルギー切れ

になってしまってたのでしたあ~~~!(笑)

その後、野獣のごとく、ご飯を食べましたよ~、
せっかく身体に良い食事の仕方も教わってきたのにね~

その時はそれどころじゃ

ありませんでしたっ!

(キッパリ・笑)


以降、ワタシの体質から考えると、小腹に入れても
良さそうな飴やお菓子類を持ち歩いた方がいいかな~と
感じました。行き倒れにならないためにも(笑)。

(つづく) 
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:アーユルヴェーダ - ジャンル:心と身体
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/265-885e339f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック