ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

月イチ恒例のインド料理教室、ベジタリアン料理・
第10回めの授業を受けてきました。

今回は「レンズ豆のカレー」です。
見た目はイタリアンのリゾットっぽいカレーですが、
香辛料を利かせているので、食べるとやっぱり
インドだな~と感じました。
今回は、味のベースとなる玉ねぎを飴色になるまで
炒める作業がなかったので、結構楽ちんでした♪

では、今回のメニューです。

写真左上より時計回りに…

●アンダライタ(玉子のヨーグルトソース)
●ミックス野菜のサブジ
●マンゴーの冷製スープ(しっかり甘い。食前に飲む)
●マスールショールバ(レンズ豆のカレー)

ドリンク
●チャイ(生姜の紅茶)

完成!
ワタシが今回興味を持った食材は、マンゴーの
冷製スープに浮いている葉っぱの方。

「ホーリーバジル(聖なるバジル)」

と呼ぶそうです。


マンゴースープ

ホーリーバジルとは、アーユルヴェーダでも薬草
「トゥルシー」として珍重されています。
タイ料理でも「バイカパオ」として料理によく
使われているんですよ。

ホーリーバジルは、世界中の薬草の中でも、特に
オゾンを発生するとされ、空気を浄化する力が
もっとも優れているのだそうです。しかも、一緒に植えて
おけば、蚊、ハエ、ブヨ等の虫を寄せ付けないとのこと。
ガーデニング中の虫刺されに悩むワタシにとっては、
まさに救世主です!

また、これをお茶にして飲めばストレスを解消し、
リラックス効果を高めます。記憶力が高まり、
血液の循環も良くなるそうですよ。
生葉のままでサラダにしたり、パスタや炒め物でも
オッケーです。

何よりも身体の免疫機能を高める効果があり、
毎日、この葉を生のままで一枚ずつちぎって食べると
良いそうですよ。カンタンですね!

ホーリーバジルの花

余談ですが、こんな話題もあります。
(スピ系に興味のない方はスルーしてくださいね~)

あなたはインドの「抱きしめる聖者・アンマ」をご存知ですか?

日本では馴染みの薄い「聖者」という存在ですが、
聖者アンマは「現代のマザー・テレサ」と呼ばれ、ローマ法王や
ダライ・ラマと並ぶスピリチュアル・リーダーです。
ちなみに、「アンマ」とは「母」という意味です。
孤児院や無償住宅、慈善病院(もちろん診察は無料)、
ホスピス、津波救援プロジェクト、農夫の自殺防止プロジェクト、
年金プロジェクト、職業訓練校…等、数えきれないほどの
世界的な慈善活動を行っています。
アンマはアーユルヴェーダの学校も支援されてるんですよ。
その功績は、2002年10月にガンジー・キング平和賞、シネマ・
ヴェリテ賞等、数々の受賞と共に、ユネスコや前インド大統領、
ニューヨーク・タイムス紙も絶賛しています。

●アンマ・公式サイト

そのアンマが2006年のワールド・ツアーで日本に訪れた際、
「地球を浄化するために、トゥルシー(ホーリー・バジル)を
 世界に広める」と宣言されました。
既に、ホーリー・バジルを10万本植えるプロジェクト
(トゥルシー・プロジェクト)がスタートしているとのこと。

●スワミジの講話「トゥラシ‘神秘の植物’について」
●トゥルシー・プロジェクト 聖女アマチと癌に侵された青年の話

ホーリーバジルを植えることは、母なる地球の浄化を助けること。
それを食べれば、我々の身体の浄化を助けることにも繋がります。
ワタシも地球温暖化と生活習慣予防に一役買う薬草だと感じました。
興味のある方は是非どうぞ~。我が家でも植えるぞ!
 ホーリーバジル茶

↓ホーリーバジル入手先について
ホーリーバジルの葉や苗、種は入手しにくいのが現状です。
葉であれば、輸入食品専門店へ行けば確実かな~と思います。
商品名は「バイ・カパオ(ホーリーバジル)」です。

●アジアスーパーストア(東京都新宿区大久保・葉販売・ネット通販あり)
●清水農園(東京都三鷹市・苗販売・ネット通販なし)

↓ホーリーバジル関連商品に興味のある方はどうぞ♪

ホーリーバジル 9vp ハーブ苗


ホーリーバジル(トゥルシー)種


身体に優しい自然の力★インドのミラクルハーブ★ホーリーバジル トゥルシーティー!オリジナ...


アーユルヴェーダのなかでも、トップクラスのホーリーバジル(トゥルシー)をお茶にしました!■...
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:アーユルヴェーダ - ジャンル:心と身体
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/264-b5387bbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック