ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

美輪明宏主演の舞台「毛皮のマリー」
(作・寺山修司、 演出・美術, 美輪明宏)を観ました。
美輪サマの舞台鑑賞はこれが二回目です。
出演陣、全員男性!という、素晴らすぃ~舞台です。

↓ある意味、夢に現れそうなポスターですよね、コレ(笑)。

ポスター

この「毛皮のマリー」は寺山修司氏が美輪サマの
ために書き下ろした作品です。

=====著作権法により引用開始=====

主なあらすじ

美輪明宏演ずる男娼の「毛皮のマリー」は穢れを知らぬ
美少年の欣也と暮らしている。
下男に体中の毛を剃らせながら風呂につかる。
欣也は生まれてこのかたマリーの屋敷から外へ出たことは
なく、応接間にマリーが放った蝶々を捕まえては標本にして
遊んでいる。
欣也が「マリーさん」と呼びかけると、マリーは猛り狂い
「お母さん」と呼ぶよう強要する。
マリーが留守にした隙に、階上に住む美少女「紋白」が
欣也を誘惑しにやってくる。外の世界の素晴らしさを
欣也に説くのであったが、やがてマリーが戻って来てしまう。
マリーが連れ込んだマドロスさんに、寝物語に欣也の
生い立ちを語る。実の母に起きた事を知ってしまった欣也は
衝動的に家を飛び出してしまう・・・

引用元:Noblesse Oblige by iGCN

=====著作権法により引用終了=====
さて、開場と同時に、どっと入場する人、人、人…

観客どっと

パンフレットやCD、美輪サマのサイン入り最新刊を
買い求める方々であっという間にごった返して
しまいました。いや~、美輪サマ人気、改めて凄いッス!

お知らせいろいろ

のっけから美輪サマ演じる男娼であり、女装の麗人
マリーが下男にワキ毛を剃らせながらの入浴シーン
(うっぎゃー・笑)から幕が上がります。
性の解放劇というだけあって、まさに妖艶な魅力
たっぷりでした。

美輪サマの芝居は、舞台美術を観るのも楽しみの一つ。
さすが本物の美にこだわる美輪サマらしく、アルフォンス・
ミュシャの絵が飾られていたり、椅子の上に置かれていた
フランス人形のドレス、重要な小道具となる蝶のコレク
ションに至るまで、眺めていて楽しい舞台美術でした。

当日は新型インフルエンザ感染者が続々と発表されて
いる最中だったため、会場には手指用の消毒薬が置かれて
いました。係員やお客様もマスクを装着されている方が多く、
何だか不気味でもありましたが、舞台から客席に絡むシーンで、
新型インフルエンザの話題を持ち出すあたり、お客様の笑いを
誘っていましたよ。

それからウワサに聞いていた、ほぼ裸体(笑)の男性陣に
よる素敵なラインダンスもありました。
また、ある場面では、モーニング娘。の曲
「LOVEマシーン」が使用されました。いや~スゴかったッス!
タイで観たニューハーフショー(コメディ版の方)を一瞬
思い出してしまいますた(笑)!

美輪マリーのドレス姿も素敵でしたが、基本的に
舞台の最初から最後まで…

美輪サマは乳首を出しっぱなし(笑)!

様々な場面が刺激的で強烈でした。
「黒蜥蜴」はサスペンスだったけど、「毛皮のマリー」は
まさにアート!頭で理解するよりも心で感じてほしい、
そんなメッセージを感じました。 
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術
コメント

ポスターがすっごく横尾忠則ワールドだ~と思ったので調べてみたら違うんですね。
でも、歴代のポスターは横尾忠則さんだったという話なので、それを最大限に活かしたのかもしれません。

私が「毛皮のマリー」を観たのはかなり前なので、きっと相当演出も変わっているんだろうなあ。
出演者や時代時代の世相も反映されたり加味されたりするでしょうから、何度観ても新しい発見があるのかもしれません。
また観たいと思うけど、この人気では無理でしょうなあ。
ちなみに、私が観た時もカタチチ(爆)はご開帳しっぱなしでした。
2009/06/06(土) 06:31:24 | URL | ランチ #3/2tU3w2 [ 編集 ]
面白かったです!
>ランチ さん
ワタシはてっきり横尾さんかと思ってました!
違うんですね。知りませんでした~。
バージョンアップ病の美輪サマですから
おそらく随分変わっているだろうと思います。
歴代の「毛皮のマリー」を見比べてみたいですね。
美輪サマが選ばれた歴代美少年も見たいな。

そうですか…
やっぱりご開帳しっぱなしなんですね(笑)。
2009/06/06(土) 21:26:11 | URL | ゆうこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/260-39b383e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック