ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

月イチ恒例のインド料理教室、ベジタリアン料理・
第9回めの授業を受けてきました。

今回は「大豆のカレー」です。
日本人にとって、大豆はまさに豆の代表選手で
切っても切れない関係だけど…

意外なことに、

インドには大豆がないのだそうです。


このカレーは、もともと「ロビヤ」(通称パンダ豆)で
作られるのですが、日本では入手しにくいため
大豆での代用となりました。

では、今回のメニューです。

写真左上より時計回りに…

●オクラのビンディバルマ(オクラいため)
●大豆のカレー
●かぼちゃのサブジ(お惣菜)
●ゴーヤアチャール(ゴーヤのピクルス)
●Mixスパイスライス

ドリンク
●チャイ(生姜の紅茶)

完成!
今回のメニューにある、オクラのビンディバルマ
(オクラいため)とかぼちゃのサブジ(お惣菜)を、
香取薫先生の書籍「インドごはん」を見ながら
作ったことがあるのですが…



細かい点ですが、間違って解釈したまま

料理していたことが分かりました~(汗)。


たとえば、かぼちゃのサブジ(お惣菜)は
ワタシが作った時には、かぼちゃの甘味よりも、
スパイスの苦味の方が強くなってしまったことが
あります。原因が分からなかったのですが、
今回の実技で油の温度が高過ぎたことが判明。

今回は低温でじっくりを火を通したので、かぼちゃの
ホクホクした甘味と、スパイスの爽やかな苦味が
絡み合い、かぼちゃのお惣菜が苦手な方でも
美味しく戴ける味となりました♪

かぼちゃのサブジ

オクラのビンディバルマ(オクラいため)では、
スパイスのペーストはもっとしっかり味を
作りこみ、練り込んでも良いことが判明。
日常生活では、これだけ大量のオクラを
仕込むことはないので、圧巻ですね~。

焼き上がりました

生徒さんに好評だったのは、ゴーヤアチャール
(ゴーヤのピクルス)です。ゴーヤが健康に良いと
分かっていても、あの苦味がちょっと…と敬遠して
しまう方が多いと思いますが、これはそれほど
気になりませんでした。美味しい保存食です。

ゴーヤのピクルス

さて、香取薫先生は、レシピ本を次々に出版されています。
最新刊「ストックペーストカレー」は
何かと忙しい方々に提案するインドカレーペースト
(冷凍保存可)の作り方を解説した一冊。
作業工程が写真付きで掲載されているので、
分かりやすいです。写真だけでも十分美味しそう♪







 
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:カレー - ジャンル:グルメ
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/258-e2924f55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック