ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーユルヴェーダが初めての方はこちらをご覧ください。


約一週間ぶりのBLOG更新です。
このところ、疲れ気味で出来るだけ無理しないように
過ごしていましたが、そんな身体にアーユルヴェーダの
ランチが元気を与えてくれました!

写真右上より時計回りに…
・レモングラスティー
・ビーツのサンバル(南インドの料理)
・冬瓜のオーレ
・ライス
 ギー(精製バター)とポリー(黒ゴマとアーモンド)をかけて
・カリフラワーとキャベツのサブジ(お惣菜)
・カディ(べスンとヨーグルト入り、北インド・パンジャブ州の料理)

アーユルヴェーダのランチ

今回のオススメ食材は「ビーツ」でした。
おそらく「ビーツ」と聞いて、多くの方々が思い浮かぶのは
ロシアでよく食べられている「ボルシチ」ではないでしょうか。

ビーツは別名「食べる輸血」と云われています。

女性は定期的な出血があるので、どうしても
鉄分不足になりがちです。ワタシもこれまでは
鉄分補給にと、レバーやホウレンソウを食べて
きましたが、ビーツには鉄分の他にも、ビタミンや
食物繊維などが豊富で、免疫力を高め、貧血予防や
便秘解消にも効果が期待できる、とのこと。

下記は、ビーツの調理光景。
まるで、牛挽肉を炒めているように見えます…。
天然着色料に使われるだけあって、調理する指先が
真っ赤に染まるほど。見慣れない人はビビッて腰が
引けるかも~(笑)。

ビーツ

ちなみに何故、ロシアでボルシチが食べられているのか。

ロシアは極寒の地なので、肉食やウォッカを飲んで、
身体を温め、エネルギーを蓄える必要があります。
しかし、肉食とウォッカばかりですと、やがて血液が
ドロドロ~になってしまいますよね。そこで定期的に
ビーツをたっぷり使ったボルシチを食べて、血液を
サラサラ~にしているのだそうです。
なるほど、すべて理に叶っているんですね。

●ボルシチに不可欠な野菜、ビーツってな~に!


古くからその土地に根付いた食文化は、理由があって
継承されてきたものだと教わりました。ランチを戴きながら
食にまつわる雑学を知るのは楽しいひと時です~。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:アーユルヴェーダ - ジャンル:心と身体
コメント

なんだか、とってもさっぱりしたお料理のようで、
これでは太らないだろうなと、感心!
全体で何キロカロリーぐらいなんでしょうね。

ビーツ、初めて見ました。
ふ~ん、手が赤くなるの?
私が料理する機会はないと思うけど、
これは、スーパーに売っていないよね。
だから、食べてみたいわ(笑)。

ゆうこさんにとって、
元気の源になるこれらのインド料理、
ますます、、奥が深まりますね。
良かったわね、今回も参加できて。
お疲れ様でした~~
2009/05/19(火) 23:26:05 | URL | makikoko。 #- [ 編集 ]

おお!赤い!!!

なるほどねえ・・・
その土地土地で、
必要な物がとれるようになって
いるんですねえ~
2009/05/20(水) 21:17:15 | URL | ひなた #USldnCAg [ 編集 ]
美味しかったです!
>makikoko。 さん
今回はご心配をおかけ致しました。
何しろ、いろいろと慌しかったもので…
(慣れないですしね)疲れがきたようです。

ビーツは輸入野菜を扱うスーパーなどで
入手できるそうです。マグロをさばいた
みたいな…写真は炒めているので、若干
色落ちしていますが、現物を見ると、ホントに
すんごい真っ赤っ赤なんですよ!
ビーツは野菜のスイーツでも使われる食材
だそうです。もし、見かけたらお土産に
持っていきましょうか(笑)。

う~ん、カロリーはどのくらいでしょうねえ?
全体的な量は少ないのですが、これでも
夕食まで十分腹持ちするので不思議です。
2009/05/20(水) 21:37:03 | URL | ゆうこ #- [ 編集 ]
すごい色ですよ~
>ひなた さん
今までボルシチのことをそんなふうに
考えたことがなかったのですが、
云われてみれば、ビーツがなかったら、
ロシアは大変なことになってますよね~。
生活の知恵なんだな、と思いました。
2009/05/20(水) 21:39:15 | URL | ゆうこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/252-e7750046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。