ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーユルヴェーダが初めての方はこちらをご覧ください。


アーユルヴェーダ講座、第2回目は、初回に教わった
「ドーシャ(体質)」を踏まえて、いよいよ専門的な内容に
突入しました。アグニについて、アーマについて、
正しい食事の仕方、正しい水の飲み方、食べ合わせ…等々。
satvik先生
何しろ限られた時間内に内容がてんこ盛りなので、
satvik先生、熱弁のあまり、何故か九州弁や関西弁まで
飛び出すという(笑)。

第2回目の講義は、このドーシャが乱れるとどういう状態に
なるのか?ということから始まりました。

ドーシャの乱れ

ドーシャの乱れとは、水(カパ)が吹きこぼれたり、
火(ピッタ)や風(ヴァータ)が強すぎたり弱すぎたりと、
美味しく炊き上がらなくてはならないご飯が「うまく炊けない
状態」のこと。アーユルヴェーダでは、複雑に絡み合った糸を
ほぐすように、原因を一つ一つ、丹念に探ってゆきます。

そして、このドーシャは乱れやすく、エネルギーの影響を
受けやすい。たとえば、季節や時間帯、ライフステージによっても
「エネルギーの質が変わる」ことを教わりました。
さて、タイトルにありますアグニは「消化」のこと。
消化しきれなくて体内に残ってしまった未消化物は
「アーマ(毒素)」と呼ばれ、これが病気を生む元である
とアーユルヴェーダでは考えられています。

食べたものが消化しきれなくて、老廃物として排出されて
しまった経験はありませんか?

食材は、いわば原油のようなもの。
食材に含まれる栄養素がそのまま体内にストレートに
吸収されるわけではありません。
「消化酵素」によって原油は分解され、ガソリン(栄養素)
へと組み立て直し、粉砕され、溶かされ、こなされて…
最終的に小腸にある「微絨毛(びじゅうもう)」という細胞で
初めて体内へと吸収されます。
つまり、体外に排出されてしまった食べ物は、微絨毛が
取り込めない大きさだったんですね。
●微絨毛(びじゅうもう)細胞写真

つまり…

アグニの神様

いやあ~、驚きましたねえ!
今までのワタシには、そんな発想を抱いたことすら
ありませんでしたから!!!

自分が選んだ食べ物や飲み物が、血となり、筋肉となり、
骨となる。エネルギーとなる。
自分で自分の健康を作ることも、病気を作ることもできる。

確かに体質改善には恐ろしく長い時間がかかりますが、
たとえば、バナナやコーヒーのように、摂取してすぐに
体内で効果が現れ、エネルギーに変換する食べ物や
飲み物もあります。

インド料理教室初回の講義で、香取薫先生が開口一番…
香取薫先生

「漫然と食べ物を食うな!」

と、おっしゃった意味が、ワタクシ遅まきながら
ようやく腑に落ちて理解できたように思いますう~。

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:アーユルヴェーダ - ジャンル:心と身体
コメント

口に運ぶ食べ物への、
「感謝の気持ち」かなぁ~~

栄養素や健康のことを考えて、
あれはだめ、これは少しにしないとなど、
私も日ごろ、かなり気をつけていたけど、
でも~~、
感謝の気持ち・・・あまりなかったかも。

おかげで、
からだがスムーズに働けることを忘れないことだわね。

うん~~、
いいお話でした。ゆうこさん、ありがとう!
2009/05/08(金) 15:18:27 | URL | makikoko。 #- [ 編集 ]
なんだかとても反省・・・
あああ、漫然と飯を食ってます・・・
お腹がすくと見境がなくなるし・・・
2009/05/08(金) 16:10:37 | URL | おかの #- [ 編集 ]
ストレスを溜めないことが大事ですね~
>makikoko。 さん
アーユルヴェーダでは、同時に心の状態を
重視するのですが、怒りながら食べたり、
落ち着かない状態で食べたりするのは、
胃に血液が届きにくくなるそうです。
消化力が落ちるそうなので。

感謝して、ストレスを溜めずに食事をすることが
大事ですよね。
2009/05/09(土) 10:07:26 | URL | ゆうこ #- [ 編集 ]
ワタシも未だにそうですよ~
>おかの。さん
ストレスを感じると、食べ過ぎたり飲み過ぎたり、
味付けの濃い食事を欲するそうです。
それは人間誰もがそうなのだと、先日知りましたが、
グレーゾーンになりかけた時、ちょっと気を付けたいな
と感じました。
2009/05/09(土) 10:11:19 | URL | ゆうこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/246-46ec1172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。