ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

アーユルヴェーダが初めての方はこちらをご覧ください。


有機野菜なご褒美♪の翌日は
アーユルヴェーダ講座、第二回目でした。
ランチ付きなので、毎回何が出てくるだろうかと
楽しみです。今回は、こんなメニューでした♪

写真左上より時計回りに…
・バターミルク(ヨーグルトの油分を取り除いたドリンク)
・アジョワンティー(消化促進するお茶)
・キャベツのポリヤル(キャベツ炒め)
・ムーングダル(ニンジン入り)
・ダールマサラ(豆のカレー)
 ベジタリアン用ガラムマサラをかけて
・ライス 
ギー(精製バター)とポリー(豆スパイス)をかけて

アーユルヴェーダのランチ

実は今回のランチで、

自分の身体が変化していることに気付きました。

前回、このバターミルクが苦くて苦くてたまらなかった!

香取薫先生
「講座の回数を重ねていくごとに、バターミルクが

 美味しく感じられるようになるわよ」 


という香取先生の言葉でしたが、とてもとても
信じられなかったんですよね。
でも今回、バターミルクを飲んでみて驚きました。

あれほど苦く感じられたバターミルクが、

苦くない!

それどころか、むしろ美味しく飲めて

しまったのです!


これは前日の有機野菜ディナーの効果でしょうか?
野菜中心の消化に優しい食事を摂り続けていったおかげで
明らかに身体が軽~く感じられました。
そして面白いことに、感覚が研ぎ澄まされてゆくので
頭の回転が良くなり、新しいアイディアややりたいことが
続々とひらめくのです。

もともと日本人の身体の構造は、肉食の欧米人に比べて
腸が長く、植物を食べるように出来ています。
大地のエネルギーをたっぷり蓄えた野菜を食べることは、
人間が本来備えていた感覚を目覚めさせ、身体が活性化
していく手助けをするのかもしれません。

おそらく、食後は肉(笑)の翌日だったら、このバターミルクは
恐ろしく苦く感じたに違いありませんがね…。

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:アーユルヴェーダ - ジャンル:心と身体
コメント
おお
今日のわたしは、のんではいけませんね・・・
昨日は・・・焼き肉でした(汗
2009/05/07(木) 10:37:13 | URL | ひなた #USldnCAg [ 編集 ]
それは超苦いかも~(苦笑)
>ひなた さん
お肉は、完全に消化しきるのに丸一日
かかりますから、すっごく苦く感じるかも
しれませんね~~~。

モノは試しで…罰ゲームとして…(何の?)。
2009/05/07(木) 14:24:32 | URL | ゆうこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/244-7a78f5f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック