ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デスクワークを長時間続けていて、無意識に
ため息をついてしまうことがありませんか?

それは 呼吸が浅くなっている証拠 だそうです。

デスクワークは猫背になりやすく、呼吸が浅くなりがち。
そのため身体に足りなくなった酸素を取り入れようと、
ため息やあくびの症状が出るのです。

ワタシは、末端冷え性の症状に長年悩んでいて
過呼吸症候群」という病気を持っています。
文字通り、浅い呼吸をし過ぎてしまう病気です。

初めて発症したのは、タイ・バンコクの地でした。
船に乗り、右へ左へと揺れる水平線を見ているうちに
呼吸が荒くなり始め、手足がしびれ、身体が硬直して
動けなくなり、床に座り込み、最後には立ち上がれなく
なりました。車椅子で運んでもらい、ビタミン剤を投与
して戴いて1時間ほど休んでいるうちに症状は治まり
ましたが、この時初めて…

自分の呼吸は浅くなりやすい

と知ったのです。

現代人には呼吸が浅く、低体温・冷え性の人が
多いとのこと。今すぐに生命の危険はありませんが
放置しておけば免疫力低下に繋がってしまう可能性が
あります。

同じ温度なのに…

今は健康かもしれないけど、老後を考えたら…

このままではいけない!!!

強い危機感を抱いたワタシは、昨年末から体質改善を
あらゆる方法で試みることにしました。
朝の散歩、生姜入り紅茶を飲むこと…

しかし、続けていくうちに幾つかの疑問が生じました。

たとえば朝の散歩を終えた直後は身体が温かいのですが、
デスクワークに戻り、しばらくするとまた指先が冷たくなって
しまう。生姜入り紅茶を飲めば身体が温かくなりますが、
生姜は保温の即効性があるものの、醒めるのも早いため、
飲むのを止めると指先が冷たくなってしまいます。

どうして保温が持続しないのか?

その理由がずっと分からずにいたところに
こんなアドバイスを受けました。

「身体を活性化させなさい。呼吸を意識しなさい」
呼吸を意識する…それは「腹式呼吸」のことでした。

石原結實医師の書籍によると、人間は体温が1度
下がると免疫力が30%落ち込むそうです。
ガン細胞が最も活性化するのは、35度台と云われており、
午後3時の段階で、体温が36.5度以下の方は要注意です。

通常、ワタシたちは肩が上下する「胸式呼吸」(肺呼吸)を
行っていますが

本来の呼吸の基本は、腹式呼吸です。

ワタシは最初、腹式呼吸は主に声を使う職業の方が
専門的にトレーニングとして行うもので、一般人には
必要ないものだと考えていました。

しかし、それは間違った認識であり、

腹式呼吸は、あらゆるジャンルや日常生活で

大いに活かせるのだと気付きました。


たとえば呼吸が浅くなると、布団に入ってあれこれ考えて
しまったり、寝つきが悪くなったり、夜中に目覚めてしまう
ことが多くなります。ワタシも子どもの頃から寝つきが悪くて
布団に入っても1~2時間くらい眠れないこともザラです。
睡眠は通常、徐々に体温が下がることで眠くなっていきますが、
冷え性や低体温の方は最初から低いために、なかなか眠く
なりにくいのだそうです。

こんな時、腹式呼吸を数回すると、乱れてしまった自律神経が
整い始め、徐々に気持ちが落ち着き、また腹式呼吸には
発熱効果があるので眠れるようになります。

カンタンですが、腹式呼吸の方法を図解にしてみました。
興味ある方はキーワード検索してみてくださいね。

腹式呼吸


●腹式呼吸~呼吸を意識することからはじめましょう~

●メタボリックシンドローム対策  腹式呼吸論
●更年期障害に効く腹式呼吸のやり方
●イラッときたら腹式呼吸 
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/218-791f1cec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。