ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家計の節約を兼ねて始めたお菓子作りですが、
意外に楽しくてハマってしまい、週に1~2回のペースで
続けています。

今回は、バレンタインでほんの少量だけ余ってしまった
チョコレートを使って、パウンドケーキを焼きました。

完成!

蓋ケーキの前科があるワタクシ、今回はきちんと
体裁よく焼きあがったのを見てツレが一言…

上手く焼けたが…
ところで、お菓子作りを始めてみて気付いた点があります。

それは、大量の砂糖を使う ということ。

パウンドケーキ(センチ×センチ)を焼く場合、
小麦粉100グラムに対して、砂糖はほぼ同量か
それ以上を投入します(それ以下だと甘く感じない)。

我が家の料理やお菓子には、身体を温める効果があるという
「てんさい糖」を使っていますが、それでもお菓子作りを始めてからは
異常に減りが速くなりました。実際にデジタルスケールで量ってみると、
その量の多さに愕然とします。

砂糖てんこ盛り

1979年に出版された、
「砂糖病―甘い麻薬の正体 」(ウイリアム ダフティ・日貿出版社)
という書籍があります。



この本の中では

砂糖は甘い麻薬

と指摘しています。

そのせいかどうか分かりませんが、ツレの低体温は
未だに改善しません。お酒をあまり飲まないツレですが
食後に甘いお菓子をよく食べます。
パンやドーナッツ、ダイエット・コークも好きです。
食事療法は、本人にどれだけの危機意識があるかが
大いに影響ありますよね…。

塩分には気を付けていても、甘味料に無関心なのは
アンバランスなので、これからは古代から使われ続けて
いるスパイス「蜂蜜」や、マクロビオティックでも使われている
「メープルシロップ」にも注目してみようかな、と考えています。 
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体
コメント

うちでもお菓子を作ることが多いです。
(強力粉や薄力粉をハコで買ってきています(^^;))

やはり同じように砂糖の多さにはビックリしてます。
使う割にはそんなに甘く感じないんですよね。
世の中に出回っているものに、どんだけ多く
砂糖が使われているのか怖くなるときがあります。

うちはサトウキビからとれた茶色の砂糖を
使っているのですが、これってどうなのかな。
蜂蜜やメープルシロップを代用するというのは
面白いと思いましたし、美味しそうですよね(^-^)
ただ、これもニセモノには気をつけたいですね。

それにしても…マコトさんのイラストとセリフには
かなり笑えました~!
2009/02/25(水) 15:47:52 | URL | ルビイ #9yn9Eud. [ 編集 ]
きび砂糖かな?
粉にせよ、砂糖にせよ、その量の多さには
驚きますよね!自分で作ってみて初めて
分かりましたもの。
甘味料にもいろいろな種類がありますので
これかた研究していきたいと思っています。

ツレは、上手に出来上た料理やお菓子は
つまんないみたいです。ツッコミできないから(笑)。
2009/02/25(水) 21:38:56 | URL | ゆうこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/193-affdd04f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。