ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

会期中に13万人の来場者が予想されるという
「2007日本ホビーショー」(東京ビッグサイト)
というイベントに行ってきました。

「ホビー」といっても、いわゆる「玩具」
という意味ではありません。
「幅広いジャンルの手作り文化を発信しよう!」
というのが、このイベントの主旨です。

主な出展内容は…

ニット、パッチワークキルト、クラフト、
刺繍、ソーイング、レース編み、シルバー
アクセサリー、ビーズジュエリー、ドール
ハウス、スクラップブック、ステンドグラス、
オリジナルTシャツ、オリジナルエコバッグ、
フィギュア粘土、ミニチュアフード、水彩画、
チョークアート、ブリザーブドフラワー、
大人の塗り絵…

などなど、実に様々。

来場者の90パーセントが女性!
団塊世代のマダムが多く目立ちました。

国内最大規模の「手づくり体験フェア」とあって、
どのブースも無料体験、もしくは格安での
実演体験ができるようになっております。
(今回は撮影禁止のため、場内の画像はありません。
 ごめんなさい)
今回のお目当ては、友人のキャラクター作家
フジイミツグさんが開催されている「男の羊毛カフェ」。
「養毛」ではありませんよ、「羊毛」ですよ~

フジイさんは羊の原毛を使い「ニードル」と
呼ばれる特殊な針を用いてオリジナルキャラ
「ダニークン」を制作されています。
男性がやっていること、そして手法が大変
ユニークなことで評判を呼び、彼の地元・
京都ではテレビや新聞にも取り上げられ、
東京にもやってきた、というワケです。

●男の羊毛カフェ

手芸に興味があるお客様が多いせいか、
ワタシがブースを覗いた時、羊毛カフェは、
「体験予約待ち」という状態(スゴイ!)。
が、たまたま席が一つだけ空き、フジイさんが
配慮して下さり、運良くワタシも体験することが
できました。

ふわふわの羊の原毛にニードルで 「プスプス」と
思いきり良く刺してゆき、キューティクルを
発生させながら固めて形を整えてゆきます。
糸は一切使っていません。
すべてニードルで「プスプス」と根気良く地道に
刺してゆくだけ。とても簡単なので、子どもにも
高齢者にも楽しめると思います。

ちなみに、ワタシは裁縫に関しては「超不器用」!
家庭科の時間では、ミシンの針を折り、糸を何度も
詰まらせ、パンツの裾上げをすれば、自分のブラウスと
裾を一緒に縫ってしまうし、まっすぐに編むだけの
マフラーも完成すれば何故か曲がっている…

でも、こんなワタシでも何とかカタチに
なりました。自分の指を刺さなくて良かった!
テーブルは何度か刺しちゃったけど(コラコラ)。
指導して下さったフジイさん、ありがとう
ございます~。

「プロとまではいかないけれど、自分も手作りで
 何か作りたい」と考える人々が大変多く、
他のブースで多数用意されていた「初心者用の体験
キット」などは飛ぶように売れていました。
カルチャースクールが繁盛している理由がちょっと
分かりましたね。



●羊毛グッズ一覧

公式サイト
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:パフォーマンス・アート - ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/164-b10ba04c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック