ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんな本を読みました。



●成瀬紀子のカラフルフーディング・公式サイト

「カラフルフーディング」という
言葉を初めて知った一冊です。
色とりどりに彩られた料理写真はどれも美しく、
見た目にも楽しい!食材の色が心にどんな影響を
与えるのかを分かりやすく解説してくださっています。
確かに、多彩な食材が使われて、見た目にも
鮮やかですと、見た瞬間に「あっ美味しそう!」と
思っちゃいますもんね。

先日放送された「ワールド・ビジネス・サテライト」
(テレビ東京系、2009年1月6日放送分)では
「色彩心理と経済」 という特集が組まれました。

色彩心理学とは、色彩が人間の心理に与える影響と
反応を調べたもの。一般的に食品パッケージや飲食店の
看板には暖色系を用いるのが常識と云われています。
たとえば…

●暖色系は波長が長く続き、食欲をそそる
●寒色系は心を落ち着かせる

●赤は、血圧や脈を上げる効果がある
●緑は、新鮮な素材をイメージさせる
●白は、清潔感や安心、安全をイメージさせる

個人的に興味を引いたのは、東京都内にある
ステーキ専門店・ケネディさん。
あえて外観にタブーの「青」を取り入れ、店内を
シンプルでナチュラルな内装にし、肉の赤身との
「ギャップ」で食欲をそそらせるという作戦。
結果的に売り上げがアップしたとのことですから、
人間の心理とは非常に面白いですねえ~。

色と食欲と云えば、母が作ってくれたお弁当を
思い出します。おそらく、彩りを意識して、おかずを
詰めてくれたのだと思いますが…

ある日のお弁当の思ひ出
 

 
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体
コメント
今まさに…
今仕事場で、母親からの弁当をありがたくいただいております。まぁ、彩りを考えてくれているので、大変おいしくいただいておりますが、ブログの通り色々と混ざりますね、味が(笑)

それはさておき…

色と味って確かに関係していると思いますね。
赤は辛いイメージが強いです。しかし、トマトみたいに赤くても辛くないのもありますから、例外もありますね。でもまぁ、たいてい色味で味のイメージが思い浮かびます。

店内と食材のイメージを考えるなんてなかなか素敵なお店ですね。引き立たせるためのイメージ作成って大事ですよね。しかし、肉が青系だったら食べる気をなくすかも…?
2009/01/19(月) 13:58:12 | URL | large弟 #jNNRu4vo [ 編集 ]
青色ダイエット、知ってます?
実際に巷で流行っているんですよ~。
色彩心理学を利用して、青色で食欲減退
させちゃおう!という狙いだそうです。
肉系が青だと、ワタシは食べる意欲が確実に
なくなりますね…。青色ふりかけも、見ただけで
「オエッ」となりました。死食会でも試す気力が
湧いてきません(苦笑)。

2009/01/19(月) 22:20:22 | URL | ゆうこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/143-38752692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。