ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食の第一人者・服部幸應先生が食と健康の
関連性を調べるために、ラットを使って、
ある実験をなさいました。

ラット300匹を100匹ずつA・B・Cのグループに
分けました。
そして、各グループに違う食べ物を与えました。

Aグループ 玄米・野菜・魚
Bグループ 白米・野菜・魚・肉
Cグループ 
白いパン・マーガリン・野菜(少し)・ベーコン・
ソーセージ・肉

このように食事を与えて2年7ヶ月飼いました。
人間でいうと60歳まで育てたということになるそうです。
その結果はどうなったでしょうか?

そして、あなたの食生活はどのグループですか?
その結果は…

Aグループ
100匹すべてが元気。しかも毛の艶がいい。
体重は変化なし。

Bグループ 
100匹のうち18匹が死亡。
残り82匹のうち、1/3が生活習慣病。
その予備軍が1/3。残りの1/3は健康。
体重はAグループの1.8倍に。

Cグループ 
48匹が死亡。解剖したらみな生活習慣病だった。
残り52匹のうち1/3にも生活習慣病の症状が出ており、
いつ死んでもおかしくない状態。
1/3が生活習慣病予備軍。
残りの1/3がアレルギー疾患。
毛が半分ぐらい抜け、艶はなく、いつも肌を掻いている。
そして体重はAグループのなんと約3倍になりました。

ワタシも含めてですが、現在の食生活が
BやCグループの方が多いのではないかと思います。
もちろん人間ですから、時には「肉食」に走っても
構いません。その後でAグループへ戻れば良いとのこと。

自分の代わりに食べる人は存在しません。

食べる力は生きる力。
美味しく楽しく、健康を考えて、食べてゆきたいですね。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/140-02d9a386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。