ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恩師、HARU先生がこのたび新刊を出版
されました。



タイトル:100の悩みに100のデザイン
     自分を変える「解決法」
著 者:南雲治嘉
版  元:光文社新書
税込価格:819円(本体780円+税)
発行年月:2006年8月
ISBN :4334033660
内容説明:デザインの本質は「問題を解決すること」。
誰にでも身近な悩みを100取り上げ、そのすべてを
デザインで解決するまでのプロセスを一緒に見ていくことで、
「自分を変えるための方法」を学ぶ。

この本は、誰もが一度はぶつかったことのある
100の悩みについて、デザイン的解決策が提案
されています。
ユニークなのは、読者層がデザイン関係の専門職
だけではなく、一般の方々でも十分楽しめる切り口で
執筆されたデザインの入門書であることです。
100の悩みは分野別に分かれており…

買う/使う/見せる/遊ぶ/作る/保つ/学ぶ/
働く/加わる/つながる/愛する/生きる

その中から、たとえば…

買う
・プレゼントが選べない
・ブランド物に極端に弱い

使う
・未読本の山を何とかしたい
・ものが捨てられない

見せる
・かっこいいホームページを作りたい
・したい髪型と似合う髪型が違う

遊ぶ
・もう、飲むしかない
・ギャンブルがやめられない

作る
・自作のカレンダーが欲しい
・アイディアが全然出ない

保つ
・タバコをやめたい
・どうも最近、老けてきた

学ぶ
・あんなに勉強したのに、英語が話せない
・漢字が書けなくなってきた

働く
・給料が安すぎる
・何のために働いているのだろうか?

加わる
・飲み会で人見知りする
・幹事が苦手

つながる
・他人と比較してしまう
・メールの真意がつかめない

愛する
・恋人ができない
・結婚したいけど、できない

生きる
・地下鉄で迷う
・節約しているのに、全然貯まらない
・借りたお金が返せない
・夢がない

目次からざっと抜粋しただけですが
このような悩みに対して、見開き形式で
デザイン的解決策が提案される、どこから
読んでも構わない構成になっております。

「デザイン」という言葉の本来の意味は
「計画すること」。

デザイナーとは、一般的には「カッコイイものを
作る人」「特別な才能を必要とする職業」と
いうイメージがありますが、実は決してそうではなく、
元々は生活に密着した、ごくごく普通の人々が
やってきたことでした。

「デザインとは思いやり」「デザインとは愛である」
というコンセプトのもとで、長年講議を続けて
こられたHARU先生。

人生とはデザインするもの。
この本を読むと、デザインとは決して特別ではない、
ということが理解できます。
そういった意味では、まさに「原点に返る」一冊だと
思います。読んでいると、HARU先生に背中を押される
ような感じもしますね。

この本、ワタシが宣伝しなくてもベストセラーに
なりそうな予感がしています。
でも、書かずにはいられませんでした(笑)。
書店で見かけたら、手に取ってみて下さい。 
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syokuiku123.blog91.fc2.com/tb.php/110-35142a22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。