ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

7月23日付FaceBookで

みかけた記事ですが、

私も「ヘルプカード」の存在を知らなかったので、

シェアさせていただきました。


  


先日、目黒駅そばを食べていたら

隣の方が私のバッグに付いていた、

この「ヘルプカード」に付いて

聞いて下さったので説明をさせて頂きました。

t02200293_0720096013027337675.jpg


これは、目に見えない障害を持つ人間である事を示します。

例えば、内部疾患(心臓・腎臓など)

精神的疾患(うつ・てんかん・統合失調症・不眠症など)、

病気や事故で義足使用の方、

軽度の知的障害者の方、

頸椎や背椎・股関節などに

損傷を持っている方・・・

見た目では元気であっても、

立位維持が苦しい方が沢山おります。

東京都が発行して呉れています。

唯、イマイチ一般の方に浸透していない事が悩みです。

皆様、このカードを持っている方を見掛けたら、

是非、優しい御心を差し伸べてください。

お願い致します。

東京以外の所でも見掛けたら、その時も宜しくお願い致します。


  


私に聞いて下さった方が説明後

「何をして上げたら良いのですか?」と

聞いて下さいました。

私は「何もしなくて良いですから、席を譲ってください。」

とだけ、伝えました。

このカードを初めて見た方、

初めて知った方、

カードの持つ意向に御賛同頂けたら、

シェアをお願い致します。




  


デリケートな問題だけに、どう接すればよいのか

分からなくなるシーンもありますが、

この「ヘルプカード」をきっかけに

少しでも声かけができれば…と思いました。

スポンサーサイト