ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トマトの旬は3月!


それを教えてくださったのは

築地御厨(みくりや)店主

内田悟さんが主催する「やさい塾」です。



t02200257_0500058412853441007.jpg
      


トマトは夏野菜だと思われているかも
しれませんが、
美味しい時期は、実は春先です。

3月が旬です。

トマトの原産地も
ジャガイモと同様、
南米アンデス山脈の山岳地帯です。

標高2500メートル前後の
乾燥地帯が原産地で、
高温多湿を嫌います。

本来、日本の梅雨は苦手ですし、
気温25度、湿度75%を超えると、
実がなかなか成長しませんから、
旬は夏ではなく、
春だと考えて間違いないのです。

実際、夏真っ盛りのトマトと
春先のトマトを比べると、

春先のトマトのほうが濃厚で
ジューシーで格段においしいのです。
ぜひ食べてみてください。


引用(p61~62)
間違いだらけの野菜選び (角川oneテーマ21)/角川書店




「走り」のトマト。



1月に食べた時は

飛び上がるほど酸っぱかったのですが、



2月に食べた時は

少~し酸味が和らいでいました。



月日の流れと共に

味が変化するんだなあ~と感じました。




今まで春野菜だと意識して

トマトを食べたことがなかったので


3月が楽しみです!



菜の花も、今が旬なので

たくさん食べたいですね!

スポンサーサイト

私の活動のテーマである

「食と心のつながり」。


    


私はこれまでに、

さまざまな勉強を続けてきたけれど、




「食と心」が切り離されて


伝わることに


少し、違和感を覚えていました。



    


たとえば



うれしかったら

喜びのあまり

食べ過ぎるだろうし、




悲しかったら

食事も

喉に通らなくなるだろうし、




疲れていたら

濃い味付けが欲しくなるし、





科学的な味付けの食事を食べたら

気持ちが荒れることだって

あります。




    



そして

作った人の愛が込められた食事は





しあわせな気持ちで

満たされます。







一緒に食べる相手や


環境も大事。





物質的な要素だけではなく



一見して「見えない」要素も、

密接に影響しあうと思うのです。






「消化力(アグニ)ごはん」は


そんなふうに


「見えない」要素も


大事にしたいと思っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。