ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

13日ぶりにスタートした食事は流動食、重湯でした。

腸が機能し、お通じとして毎日排出されるかどうか、痛みはないか、
嘔吐はないか、逐一チェックしながらの食事。
重湯を中心にポタージュスープと具のない味噌汁とジュース、
という感じで、3~4品が毎回ローテーションされました。

重湯時代

ただ、さすがに液体食は全部飲みきれませんでしたねー。
重湯を完食すると、今度はポタージュが飲めなくなり、
ポタージュを飲めば、重湯を半分残してしまう。
こんな感じで流動食が数日続き、レントゲンで超の異常が
ないことを確認してから食事内容はグレードアップしてゆきました。

以下、写真を掲載しますので参考になさってみてください。
続きを読む
スポンサーサイト
テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体
ワタシ自身に「低残渣食(ていざんさしょく)」という
食事療法が降りかかったことで、我が家の食卓は一変しました。

低残渣食(ていざんさしょく)」とは、生まれつき狭い腸管に
食べ物が詰まらないよう、食物繊維が多い野菜やフルーツ、
また、腸を過剰に動かしてしまう脂肪分が多い肉魚などを控え、
腸の負担を少なくする食事療法です。

ワタシは、わずか半年足らずで腸閉塞を再発してしまったことで
以前よりも多くの食事制限が出されました。

レシピ本

食材を挙げると、ざっとこんな感じになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

腸閉塞患者のOK食材、NG食材と料理法一覧

◎主食OK食材と料理法
やわらかいお粥、雑炊、白米

×主食NG食材と料理法
玄米(食物繊維の塊のため)、もち米、寿司、お茶漬け、チャーハン、
パン(意外に腸管に詰まりやすい)


◎麺類OK食材と料理法
うどん(食べるならよく煮込むこと)
そうめん(食べるならよく煮込むこと)

×麺類NG食材と料理法(よく噛まずに丸呑みしてしまうから)
そば、ラーメン、焼きそば、スパゲティ、白滝、こんにゃく、春雨)

◎肉と魚OK食材と料理法
白身魚全般、カレイ、タラ、キス、タイ、カマス、アジ、カキ、
はんぺん(バター焼き)、煮魚、蒸し魚、焼き魚、ムニエル、ホイル焼き
鶏肉(蒸し鶏)、赤身のひき肉(煮込みハンバーグ)

×肉と魚NG食材と料理法(脂肪が腸を過剰に動かしてしまうから)
刺身(鮮度に注意が必要)、ブリ、塩サケ、サンマ、サバ、ウナギ、イカ、タコ、貝類、干物、
霜降り肉、ブロック肉、バラ肉、ラード、ハム、ベーコン

×揚げ物NG食材と料理法(脂肪が腸を過剰に動かしてしまうから)
天ぷら、かき揚げ、トンカツ、空揚げ、フライ

◎野菜とフルーツOK食材と料理法
じゃがいも、里芋、大和芋、サツマイモ、ほうれん草、にんじん、かぼちゃ(皮を剥く)、ナス(皮を剥く)、
オクラ、大根、カブ、冬瓜、玉ねぎ、トマト(皮を剥く)、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、
煮物、お浸し、蒸し野菜、コンポート、ジュース、ポタージュ、スープ、
りんご、桃、みかん、いちご、メロン、缶詰のフルーツ
×野菜とフルーツNG食材と料理法(繊維質が腸管に詰まりやすいから)
ゴボウ、れんこん、たけのこ、セロリ、とうもろこし、もやし、ニラ、春菊、きのこ
梨、柿、パイナップル、夏みかん、バナナ、ドライフルーツ、干しいも、干し柿、漬物

◎玉子類OK食材と料理法
うずら玉子、マヨネーズ、半熟玉子、茶碗蒸し、玉子豆腐、オムレツ、卵とじ
×玉子類NG食材と料理法
堅ゆで玉子、揚げ玉子、堅い炒り玉子

◎豆類OK食材と料理法
緑豆(豆類の中で最も消化が軽い)
ムングダール(緑豆の皮が取り除かれている)
ひきわり納豆(大豆の皮が取り除かれている)
湯豆腐
×豆類NG食材と料理法(食物繊維が豊富のため、豆の外側の皮が硬いから)
大豆、小豆、枝豆、煮豆、きな粉、納豆、凍り豆腐
油揚げ(食べるなら湯通ししたもの)、
厚揚げ(食べるなら湯通ししたもの)

◎その他OK食材と料理法
練りごま、すりごま
×その他NG食材と料理法
海藻類(ワカメ、ひじきなど)
ごま(外側の殻が硬くて消化に悪いから)、
ナッツ類、スナック菓子(ポテトチップなど)

◎乳製品OK食材とドリンク
温めた牛乳(ワタクシ的お薦めは低温殺菌牛乳を少量ずつ)
スキムミルク、ヨーグルト、生クリーム
バター(もしくはインドの精製バター・ギー)
×乳製品NG食材とドリンク(腸を冷やし、下痢になってしまうから)
冷たい牛乳(ドリンク)を一気に飲むこと
アルコール類全般
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いかがでしょうか~。
ワタシは最初、あまりにも多いNG食材に驚きましたし、食べられない
ショックが大きかったです。
続きを読む
テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体
腸閉塞再発後、ワタシは約13日間、

食事はおろか、水一滴すら飲ませて

もらえませんでした。

栄養はすべて点滴のみ。


主治医によると、レントゲン撮影した腸閉塞再発後の腸はむくみ、
ひどく腫れあがっていたため、万全な状態に戻るまでに時間を
要したからだと伝えられました。
また、手術が無事成功したにも関わらず、腸のむくみが完全に
引かなかったために食べ物の匂いを嗅いだだけで嘔吐したり、
インフルエンザでもないのに39度近くもの高熱が2回も出たり、
腸閉塞によく似た症状に幾度も苦しみました。

この時がいちばん苦しかった…。

だから、左鼻から小腸へ入れられた細長いイレウス管が外れ、
食事のリハビリが始まった時は、涙が出るほど嬉しかった。
身体に異物がないことが本当に有難かったし、コップ一杯の水でさえも
ワタシにはごちそうでした。

しかし、主治医は半年足らずで二度の手術をした身体を考慮し…
主治医の指示
以前よりも厳しい食事制限を、

消化に良い食事を摂ることを指示されました。
続きを読む
テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体