ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

「モナリザは高脂血症だった‐肖像画29枚のカルテ」
(新潮新書、篠田 達明) という本がなかなかユニーク
でしたので、こちらでご紹介したいと思います。



この本は、整形外科医である著者が歴史上の人物の
肖像画から、かかったであろう病気を推測しているの
ですが、ワタシは正直こういう視点で肖像画を眺めた
ことがなかったので、ただひたすら「へえー!」
「へえー!」「へえー!」と、驚きの連続でした~。

中でも驚いたのは…

豊臣秀吉は多指症(たししょう)だった

という記述です。
続きを読む
スポンサーサイト
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
先日の出来事ですが、買ったばかりの掃除機の
コンセントがこんな状態になっちゃいました…。

コンセント

自分の不注意ですが、掃除機のコンセントが
差し込まれたまま、気付いたら本体がうっかり倒れてまして
コンセントが「グニャリ」と…。
電源を差し込めなくなってしまったんですううう~。

…ウガガガガーーーーン!

ショック!!!


でも、ワタクシ転んでもタダでは起きませんよっ。

掃除機だけをかけても、いまいち掃除しきれてない
ような気がしたので、これを機に、方法を変えて
みよう!と思い立ちました。

我が家では、ツレの主治医から埃やダニ・カビに弱い
アレルギー体質の彼のために、拭き掃除を徹底する
ように生活指導されてます。そこで、水拭きではなく、
塩水で部屋の拭き掃除を始めてみました。
続きを読む
テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体
マーガリンに含まれる「トランス脂肪酸」が危険だ!
と騒がれた頃、ネットサーフィン中にたまたま漂着した
ホームページで、この商品に関するグレーゾーンの情報を
知りました。かれこれ2年前、2007年頃だったと思います。

●「エコナ」は本当に安全だったのか?販売自粛の原因である「グリシドール脂肪酸エステル」とは?
●食品安全Blog グリシドール脂肪酸エステル・まとめ
●国際化学物質安全性カード(グリシドール、人体への影響など)
●エコナ(Wikipedia)

●心臓病リスクを高める狂った油(2007年02月04日付・ワタクシ的茶碗三杯バックナンバー)

気になったのでもっと調べてみたら、実際には
2003年6月16日に行われた、厚生労働省の
薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会新開発食品
調査部会会議(名称が長いですな…)でも、この問題が
既に取り上げられていたそうです。
議事録に委員のやりとりが詳細に記録されています。

●薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会新開発食品調査部会会議議事録

もし、ヨーロッパで問題が発覚しなかったら
消費者は知らずにずっと摂取し続けていたということですよね。
何と恐ろしい…

食用油は、毎日の食生活に欠かせない存在ゆえ、体内への
吸収も速く、意外に量を使うんですよね…。
ちなみに我が家では国産ごま油とオリーブ油を使っています。
インド料理研究家の香取薫先生は生協を
利用されていました。

食品は加工すればするほど危険になる、という意見が
ありましたが、ワタシも同感です。

ワタシ自身もコマーシャルで宣伝される商品を参考に
させて戴くこともありますが、食に関する勉強をして
いるせいか、そのまますぐに購入することは以前よりも
少なくなりました。やっぱり身体に直接入るものですから
ラベルの裏を確認したり、自分やツレの体質に合うのか
どうかを考えるようにもなりましたね~。
お値段もそれなりにかかりますが、将来の医療費を
払いたくないワタクシとしましては
妥協したくない!というのが正直なところ。

何でもそうですが、情報を鵜呑みにするのではなく、
多角的に検証することが大事だと思っています。
テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


FC2トラックバックテーマ  第803回「備えあれば憂いなし!と思った事」



情報整理してゆくと、見えてくるのが食糧備蓄。

もともと、我が家の周辺にはお店が少ないこともあり
日頃から食糧備蓄の習慣があるのですが、今後に備えて、
少~し多めにやっておきました。
…え?多過ぎ?(笑) これでも一部なんですよん。
この他にも、玄米30キロを購入しています。
でも、ワタシらはまだ可愛いもので、他には玄米80キロも
購入した!というツワモノもおりました…。
(注・食糧備蓄については、前回記事をご参照ください。)

備蓄祭り

気になる方は、お米と水の備蓄をオススメしています。

ちなみに、お米の保存方法ですが
玄米のままで長期保存されている農家さんが多いとのこと。
手元に届いたら、虫が湧かないように乾燥トウガラシを入れたり、
ジッパー袋などに移し変えて空気を抜き、冷蔵庫で低温保存
しておきます。

あまり知られていませんが、お米屋さんでは、持込の玄米を精米
してくれます。白米・七分つき・五分つき等、精米方法も選べます
(数字が大きいほど白米に近づきます)。
コイン精米所でも精米は可能ですが、お米屋さんからあれこれ
お話を伺うのも楽しいですよね。

アーユルヴェーダ(インド伝承医学)では、玄米は消化に重い
食べ物とされ、胃腸が慣れるまで約2週間かかるとされています。
食べ慣れない最初のうちは水を多めに入れて炊いたり、お粥に
したり、消化促進作用のある白湯を飲みながら食べると良いの
ではないかと思われます。

●玄米の保存の方法
●圧力鍋で玄米ご飯を!

古来日本の食生活は、玄米と野菜が中心だったと云います。

かの宮本武蔵が持ち歩いていたという携帯保存食に「糒(ほしいい)」が
あります。一晩水に漬けておいた玄米を多めの水で炊き、水洗い。
ぬめりを取ったら3日ほど天日干しに。一般的には、それを湯で
戻して食べるそうです。玄米にはビタミンB1が多く含まれており、
よく噛んで、唾液をいっぱい出すことで、満腹感が得られるとのこと。
いつか、再現してみたいな~と思ってます。 
テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済


FC2トラックバックテーマ  第803回「備えあれば憂いなし!と思った事」



===著作権法により引用開始===

■記事その1■
食料品備蓄呼びかけ 新型インフルで農水省 

新型インフルエンザ流行の拡大を懸念して農水省はそれに備えた
「家庭用食料品備蓄ガイド」の活用を呼びかけている。
「新型インフルエンザに備えた」同ガイドはA4版10頁の冊子で
4月に作ったが、9月1日の防災の日を契機に再度、備えを
万全にと呼びかけた。
不要不急の外出をしないで感染を避けるためには食料品備蓄が
必要として、家族4人の場合、主食のおコメは少なくとも10kg
(2週間分)の備蓄が必要ーーなどとしている。
備蓄をしない理由の4割は「面倒だ」というもの。
それに対して「多めに買い入れて、消費した分を買い足していくだけ。
簡単です」といったワンポイントアドバイスもついている。

問い合わせ先は大臣官房食料安全保障課TEL07(6744)2368

●家庭の食料備蓄について(農林水産省)
●家庭用食料品備蓄ガイド(農林水産省、PDFファイル)

引用元:農業共同組合新聞(2009年08年31日付)

■記事その2■
地震や風水害のような地域的な被災の場合には、その近県からの
緊急災害支援が期待できるが、新型インフルエンザによる
パンデミック期においては世界同時にその影響を受けるため、
どこからの救援も望めない。従って、「自分の身は自分で守る」
しかなく、まさに防犯対策と同じである。
BCPも重要ではあるが、まずは個人がどうしたらいいかを考える
ことが先決であろう。

個人レベルの対策としては、
(1)正しい知識と情報を持つこと、
(2)パンデミック発生と万一の罹患に備えた準備を行うこと、
そして、
(3)新型インフルエンザが国内で発生したら感染しないよう籠城すること。
この3つの行動が基本となる。

(1)はパンデミック発生までの間に身に付けなくてはいけないことで、
以前に記述した「知識のワクチン」という考え方に基づいた対策である。

(3)はパンデミック期の基本行動で、通常は流行が第1波、第2波…と
いった具合に数回にわたって蔓延するため、その間、最大で2か月程度は
外出しないようにする。そのためには、当然その間の食糧品と日用品の
備蓄が必要となる。新型インフルエンザが発生してマスコミが一斉に報道
し始めると、籠城のための備蓄を行っていない人達が一斉に動き出して
パニックを起こし、スーパーや薬局などの商店は混乱することが必至である。

またそういった時には暴動などに巻き込まれて怪我をしたり、もっと悪く
すると人命に関わる問題に発展することも予想されるため、今から行動を
起こす必要がある。

そこで、家庭でどんなものを備蓄しておけば良いか食糧品から順に代表的なものを
表にまとめておく(※パンデミックに向けた備蓄は2カ月を目安にして欲しい。
厚生労働省では、最低2週間程度としているが、1回の流行は約8週間程度続く
ため2週間では明らかに足りない。また流通が元通りになるまでは時間がかかるため、
食糧品や日用品が不足し入手困難になったり高騰することが予想されるため、
多めに備蓄しておく必要がある。備蓄品は地震などの緊急災害対策としても
役立つので是非実行していただきたい)。

食糧品は、ライフラインが維持される流行前半の状態と、最悪のケースも
考慮して、流行の後半は電気、水道、ガスが止まっても調理できる食品を
準備する必要がある。食糧品に関しては、一度に2カ月分を用意しようと
して大量買いすると、賞味期限も同時期に来てしまうため、今からこまめに
買い貯めておくのがコツである。

ところで、1人あたりの2カ月分(約180食)の食糧がどの程度の量か大凡の目安も
必要であるが具体的な例が提示されることがない。
一例を挙げると、主食の米は炊飯すると重量が約2.2倍に増える。

例えば、電子レンジで温めて食べる“パックごはん”は、1パック200gである。
個人差はあるが、これを1食とすると1食200gの炊飯米を炊くには、91gの生白米が
必要となる。従って15Kgの米を用意しておくと164食相当の炊飯米が炊けることに
なるので、これは約54日分に相当する。残りの16食を米以外のパスタ、うどん、
ラーメン類などで補えば良いことになる。次回は日用品ほかについて述べる。

引用元:セキュリティ産業新聞社(2008年11月10日号)
内閣府NPO法人 日本防犯学校理事長 阪本一央

===著作権法により引用終了===

地震や新型インフルエンザ流行の可能性を整理してゆくと、

見えてくるのが「食料備蓄」。

実は、ワタシたち夫婦は、今年ゴールデンウィーク前から
新型インフルエンザは早々に日本上陸するだろうと予測
していました。食料やマスクを備蓄するワタシたちを見た
人々は「そんな必要はない!」と笑ったけど、結果的に
それは現実となりました…。

今秋、再び流行するだろうと予測しています。

備蓄

記事にもあるように、マスコミが一斉に報道を始めると、今まで何も
準備をしてこなかった人々が物資を求め、スーパーや薬局などに
殺到するでしょう。
パンデミックパニックの連鎖反応の波を考えると、騒動が鎮静化する
まで、約2ケ月分の食料備蓄が必要だと云われています。
気になる方は、出来るところから始められた方が宜しいかと思います。
続きを読む
テーマ:新型インフルエンザパンデミック特集 - ジャンル:ニュース


FC2トラックバックテーマ  第803回「備えあれば憂いなし!と思った事」



今日は「防災の日」ですが、地震予測に関する緊急情報を
お知らせさせて戴きます。

2009年8月31日付の情報ですが、今回の台風11号が去ったら
9月末までに大規模な地震が来るであろうと予測されています。
科学的なデータがそれを物語っています。

予想されている震源地は、東京都・八丈島か千葉県・房総沖。
最悪の場合、阪神淡路大震災並みの規模が考えられます。
台風は震源に吸い寄せられるそうなので、今回の進路を見ると
それが裏付けられます。

●地震予想
●大気イオン地震予測研究会(所轄庁:内閣府)

実は、昨日の神奈川で目撃した夕焼けは「ピンク色」でした。
この画像、文字加工だけしてありますが、色調はいじっておらず
実際はこれよりも明るく、もっとピンク色がどぎつかったんです。

夕焼け空

阪神大震災前の空が赤く染まった、という話を聞いたことが
あります。地震雲らしい物体もありましたが、首都圏近郊に住む
何人かの友人が同じように目撃していました。

動物たちが事前に地震を察知して逃げ出す現象がありますが、
鳥肌が立つわ、気持ち悪くなるわで、何だか妙な胸騒ぎがします…。

ツレが、過去に震度5強の揺れを体験したことがある
そうですが、現在の住宅(昭和53年以降)は崩壊しないので、
慌てなければ大丈夫とのこと。

必ず、頭部と首の後ろを守ってください。
もう一方の手で、首の後ろを守ると良いでしょう。

家具やテレビ、冷蔵庫、食器棚、パソコンの固定、
備蓄のチェック、緊急連絡先や避難先の確認、
火の元のチェック、水の確保、エレベーターの利用にも
注意してください。
山のような本に埋もれて窒息しないようにしてください。

もし、ご近所に一人暮らしのお年寄りがいたら声かけ
してあげてください。

オフィス街にいれば、ガラス飛散が考えられます。
頭部を守る物を持ち歩いてくださいね。
コピー機が窓から吹っ飛んできたケースもあるそうですよ。

また、交通手段が寸断された場合を考えて、歩いて帰れる
ルートを探してください。



●帰宅支援マップサービス

これからは、いろいろな意味を含めた「大激震」の時代が
やってきます。

この情報を読んでのご判断は各自にお任せ致します。
テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース