ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

初めての方は 
●日の丸一家の家計簿(2009年8月23日付)
●日の丸一家のご近所さん(2009年8月24日付)
●日の丸一家の借金の中身(2009年8月25日付)
●日の丸国債刷ってゴー!(2009年8月26日付)
●日の丸デフレとハイパーインフレ(2009年8月27日付)
を最初にご覧ください。

◎ 当記事をお読みになる方へ ◎
当方は、政治経済の専門家ではございません。
単なる一般市民です。
批判や中傷、議論をする意志もございません。
最終的なご判断は読まれた方にお任せさせて戴きます。
共感した部分だけ受け取って戴ければ幸いです。

===著作権法により引用開始===

国内に自国通貨建ての金融資産が余りまくっており、国債金利が
世界最低水準にもかかわらず、これ以上、財政を健全化する必要が
あるのだろうか。あるとしたら、なぜ?

(中略)

そして、

名目GDPを伸ばすには、

公共投資などの政府支出を

増額していくのが最も手っ取り早い。


GDP

社会主義でも何でもない日本は、民間企業の政府支出や
家庭の個人消費の動向について、政府は直接的に左右する権限を
一切持っていない。
政府が自らの采配(さいはい)の範囲で動かせるのは、公共投資と
政府最終消費支出のみなのである。

筆者のいいたいことが、ご理解いただけるだろうか。

GPDとは

「日本の財政は危機的だ!
 財政健全化を実現するために、プライマリーバランス(注・
 基礎的財政収支)を達成しよう!
 プライマリーバランス達成のために、政府支出を減らそう。
 まずは最も目立つ、この公共投資を大きく削減しよう!」

「なぜだ!公共投資を減らしたら、名目GDPが成長しなくなってしまった。
 これでは税収減になってしまうので、財政がますます悪化する。
 どうしよう…」

「そうだ!財政が悪化したなら、財政健全化のために政府支出を減らせば
 いいんだ。よし!まずは一番目立っている、公共投資を削減しよう!」

1988年以降の日本は、このようにあまりにもばかばかしい悪循環に
嵌まり(はまり)込んでいた可能性が、極めて濃厚なのだ。

そもそも回復しかけていた個人消費に冷や水を浴びせた1997年の
消費税アップも、財政健全化を目的としていたわけだ。
さらに、日本政府が「財政健全化」に足を取られ、フロー成長のために
必要な最低限の政府支出さえも削減した結果、財政をますます悪化
させたわけである。

しかし、そもそも「財政健全化路線」に

意味などないのであるから

(害はあると思う)、

ここまで来ると悲劇というよりは、

むしろ喜劇だ。
続きを読む
スポンサーサイト
テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済
初めての方は 
●日の丸一家の家計簿(2009年8月23日付)
●日の丸一家のご近所さん(2009年8月24日付)
●日の丸一家の借金の中身(2009年8月25日付)
●日の丸国債刷ってゴー!(2009年8月26日付)
を最初にご覧ください。

◎ 当記事をお読みになる方へ ◎
当方は、政治経済の専門家ではございません。
単なる一般市民です。
批判や中傷、議論をする意志もございません。
最終的なご判断は読まれた方にお任せさせて戴きます。
共感した部分だけ受け取って戴ければ幸いです。

===著作権法により引用開始===

ところが、この「日銀が市場に通貨を供給する」という一点のみに注目し、
「超」がつくほどに肥大化した捉え方をしたうえで、
「日銀が日本円を市場に供給しすぎると、日本はジンバブエのような
ハイパーインフレーションに陥る!」
と、知能指数がゼロを通り越してマイナスに陥ったように低レベルな批判を
展開する人が実在するから、困ったものなのである。

アフリカの南部に位置するジンバブエは、現在世界一インフレーションが
悪化している国として有名である。2009年1月時点の年間インフレ率は、
およそ2億3000万%に達し、しかもこのインフレ率でさえも、もしかしたら
「低すぎる」かも知れないといわれていたのだ。

2億3000万%といわれても、何がなんだか分からないだろうから
(筆者も分からない)、日本円にたとえてみることにしよう。

現在、缶ジュース1本が120円とすると、これが1年後には
2億7600万円になる計算だ。缶ジュースを買いに行くのに
(紙幣を積むための)リヤカーが必要になりそうだったわけだ。
何しろ、ジンバブエでは「500億ジンバブエドル」紙幣というのが、
実在していた。ちなみにこの紙幣の実質的な価値は、米ドルで
2ドルであった。

ジンバブエ

2009年1月末に至り、ついに独自紙幣を断念したジンバブエ政府は、
米ドル及び南アフリカランドの国内流通を認めざるを得なくなった。
結果、ジンバブエのハイパーインフレーションは終息に向かいつつある。

よく誤解している人がいるが、ジンバブエがここまで凄まじいハイパー
インフレーションになったのは、何も紙幣の供給過剰が主因ではない。
もちろん、政府が狂ったように紙幣を刷り続けた(どうでもいい話だが、
実際に刷っていたのはドイツの印刷会社)のも一因である。
だが、それ以上に、ムガベ政権の悪政で、国内の供給能力が
壊滅的な状態に陥ったことのほうが、原因としては間違いなく大きい。

というより、ハイパーインフレーションには国内の供給能力が
崩壊しない限り、なりようがないのだ。


心配ご無用
続きを読む
テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済
初めての方は 
●日の丸一家の家計簿(2009年8月23日付)
●日の丸一家のご近所さん(2009年8月24日付)
●日の丸一家の借金の中身(2009年8月25日付)
を最初にご覧ください。

◎ 当記事をお読みになる方へ ◎
当方は、政治経済の専門家ではございません。
単なる一般市民です。
批判や中傷、議論をする意志もございません。
最終的なご判断は読まれた方にお任せさせて戴きます。
共感した部分だけ受け取って戴ければ幸いです。

===著作権法により引用開始===

さて、「通貨を刷る」という表現が出てきたので、ここで具体的な
日本円増刷プロセスについて説明しておこう。すなわち、キャッシュ
フローを生み出すとは、具体的に何を意味しているかについてだ。

通貨を刷るといっても、別に日本政府が輪転機を回し、印刷した
紙幣で財政支出をするわけではない。(「政府紙幣」というソリュー
ションもあるにはあるが、一般的ではないので、ここでは触れない)。

実際に通貨を刷る(この場合、正しくは「銀行券」を刷る」)のは、
政府ではなくて、中央銀行である。
日本でいえば、もちろん日本銀行だ。

石橋の銀さん

日本銀行法第1条・第2条により、日本銀行の目的と理念は
以下の通り定められている。

■銀行券を発行する。
■物価の安定を図ることを通じて国民経済の健全な発展に資する。
■銀行その他の金融機関の間で行われる資金決算の円滑の確保を
  図り、もって信用秩序の維持に資する。


日本銀行は日本国内で唯一銀行券(1万円などの、いわゆる紙幣)を
発行することができる機関である。
日本国内の様々な決済を可能にしている。
日本銀行券という紙幣なしでは、日本国民の日々の取引に関する
決済が、事実上不可能になってしまうわけだ。

お金の種類

先述の「通貨を刷る」とは、日本政府が財政支出のために発行した
国債を、日本銀行が紙幣を刷り、市場から買い取ってしまうこと

意味している。

一口に「国債を買い取る」といっても、現実には幾つかの「段階」と
いうものが存在している。

■第1段階:公開市場操作による買いオペレーション。
 中央銀行は「通常業務」として、金融市場から国債を買い取り、
 マネーサプライ(注・市場に流通している通貨の量。通貨供給量)や
 金利の調整を行っている。

■第2段階:金利調整の枠を超え、政府の大規模景気対策を可能と
 するために、中央銀行が大量に国債を買い取る。
 この段階から「プリンティングマネー」(注・政府紙幣)という言葉が
 ふさわしくなる。ちなみに、アメリカ及びイギリスでは、2009年春の
 時点ですでに第2段階に至っている。

■第3段階:直接的な国債引き受け。すなわち、政府が発行する国債に
  ついて、金融市場を介さず、中央銀行が直接買い取るのである。
  まさしく、政府の財政支出に必要な資金を、中央銀行が「刷って」
  ダイレクトに提供する究極のオペレーションだ。
  日本の場合は、日銀の国債直接引き受けについては、事前に国会
  決議が必要である。

お金を刷る権利
続きを読む
テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済
初めての方は 
●日の丸一家の家計簿(2009年8月23日付)
●日の丸一家のご近所さん(2009年8月24日付)
を最初にご覧ください。

中小企業診断士兼作家である三橋貴明さんのブログで、
当記事「[漫画]日の丸一家の家計簿」をご紹介戴き、
昨日一日で2,600アクセスを記録、たくさんの方々に
ご覧戴きました。
ご本人にも「面白い」とお褒め戴き、胸を撫で
おろしています。これもひとえに三橋さんのお力だと
思います。ありがとうございます。

「経済」は専門用語が多すぎて難解なジャンルゆえ、
あまり得意ではないのですが、それでも文章を
読みながらイラスト化していく作業は
頭が整理整頓されてゆくようで良い勉強になります。

テーマは「お金」。
ここで取り上げる「お金」とは「個人の家計簿」ではなく、
「国家の家計簿」です。
引き続き、ご紹介させて戴きます。

◎ 当記事をお読みになる方へ ◎
当方は、政治経済の専門家ではございません。
単なる一般市民です。
批判や中傷、議論をする意志もございません。
最終的なご判断は読まれた方にお任せさせて戴きます。
共感した部分だけ受け取って戴ければ幸いです。

===著作権法により引用開始===

「日本の借金は800兆円以上あり、GDP比で100%を超え、
 国民一人当たり640万円にも達している。
 日本はまもなく財政破綻するので、内需拡大のために
 日本政府が財政支出をするなんて、できるわけがない」

国民のイメージ

この、新聞紙上などで頻繁に見かける日本の財政問題に関する
主張は、本書冒頭の「外需依存国家である日本は~」と同じく、
何と四重に間違えている。すなわち、1文字残らず出鱈目という
ことである。

まず、新聞紙上で騒がれる「借金800兆円」とは、日本政府の負債で
あって、国民の借金ではない。
日本政府の借金とは、要するに国内向けの国債発行残高であるが、
国債を買っているのは日本国民である。

すなわち、日本国民は逆に政府にお金を貸している立場なのだ。

国債について

日本国民は債権者であるにもかかわらず、なぜか政府債務の危険性を
煽る(あおる)際に、マスメディアは「国民一人当たりの借金」というレッテルを
多用する。無知を晒す(さらす)のもいい加減にしてもらいたいものである。

国債の中身

この言い方を正しく改めると、「国民一人当たりの資産」になるはずだ。
続きを読む
テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済
初めての方は 
●日の丸一家の家計簿(2009年8月23日付) 
を最初にご覧ください。

◎ 当記事をお読みになる方へ ◎
当方は、政治経済の専門家ではございません。
単なる一般市民です。
批判や中傷、議論をする意志もございません。
最終的なご判断は読まれた方にお任せさせて戴きます。
共感した部分だけ受け取って戴ければ幸いです。

===著作権法により引用開始===

ところが「あなた」の近隣にはおかしな人が住んでいて、
一家の家計状況について妙な悪口を撒き散らしている。

曰く、

ご近所さん1

「あの人(=あなた)の借金は、975万円もあるそうだ!
 破綻だ!破綻だ!」
(いや、その975万円は、私の借金じゃなくて「私が父親に貸しているお金」
 なんだけど……。それに、父親は借金だけじゃなく、一応468万円ほど
 資産も持っているよ)


ご近所さん2

「あの一家は、父親の借金が、何と1,000万円近くにも達している!
世界最悪の借金一家だ!」
(だから、父親の借金の「債権者」は私だって……。
 しかも、うちの一家は外に対して、世界で最もお金を貸しているわけなんだけど!)


「父親の借金975万円は、あの一家の年間の収入を超えている!
 破綻だ!破綻だ!」
(いや、別に借金額が収入を超えていたところで、破綻はしないでしょう。
 そんなこといったら、住宅ローンを組めないよ)


ポイントがお分かりいただけただろうか。
日本破綻原理主義者たちの出鱈目、ミスリードには、複数の嘘の情報が
交じっているので、この場を借りて覆しておきたい。

引用元:書籍「ジパング再来」三橋貴明(講談社)P42~43より



●三橋貴明 公式ブログ・新世紀のビッグブラザーへ


===著作権法により引用終了===

↓三橋貴明さんの著作物に興味ある方はどうぞ。
テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済
当ブログは、基本的に料理やアーユルヴェーダ(インド伝承医学)、
健康情報について、日々、ご紹介させて戴いておりますが…

本日から一週間、「日の丸一家の家計簿」と称し、中小企業診断士
兼 作家である、三橋貴明(みつはし たかあき)さんの著書
「ジパング再来」(講談社)他の中から記事をご紹介させて
戴きたいと思います。

健康系以外のネタを取り上げるのも良い勉強になるかなあ?と
思いまして~。ご興味ある方はお付き合いくださいませ。



●三橋貴明 公式ブログ・新世紀のビッグブラザーへ

◎ 当記事をお読みになる方へ ◎
当方は、政治経済の専門家ではございません。
単なる一般市民です。
批判や中傷、議論をする意志もございません。
最終的なご判断は読まれた方にお任せさせて戴きます。
共感した部分だけ受け取って戴ければ幸いです。

日の丸一家の家計簿

===著作権法により引用開始===

たとえば、日本国家が、あなたと父母の3人暮らしだったとしよう。
話を分かりやすくするために、図表1-2の「日本国家のバランスシート」
(注・本書では2008年12月末日版が紹介されています)における単位
「兆円」を、「万円」に変換して考えてみたい。

●日本国家のバランスシート 2008年12月末日版
●日本国家のバランスシート 2009年3月末日版

父親が事業を起こすために、「あなた」から975万円を借金している。
また、母親も別のビジネスを展開するため、「あなた」から1,142万円
お金を借りている。

それでも、お金が有り余っている「あなた」の手元には、何と1,000万円を
超える「純資産(著者注・資産‐負債)」が残されている。

さらに一家全体としては、外部から322万円を借り受け、逆に563万円を
貸し付けている。一家全体と外部との貸し借りを合計すると、241万円分
貸付額が多くなっている計算になる。
この「ネット(正味)の貸付額」は、世界最大だ。

引用元:書籍「ジパング再来」三橋貴明(講談社)P42~43より

===著作権法により引用終了===

↓三橋貴明さんの著作物に興味ある方はどうぞ。
テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済
ツレご機嫌

ツレが一人で石階段を歩いていたら…

ベリッ!!!

普通に歩いていたら、絶対にありえない変な音が…。

ツレが恐る恐る自分の足を見ると、

なななななななんと!!!

ツレの右足親指の爪が

ぷ~らぷ~らと

剥がれかかっている

じゃあーりませんか!


ツレは痛む右足を引きずりながら、やっとの思いで
自宅に到着。妻のワタシが不在だったため、
何とか救急箱から消毒薬を探し出し…

は?

おおお~ワタシも初めて知りました。

9年前の消毒薬って、全然しみなくなっちゃうんですね(笑)。

その後、新しい消毒薬を塗り直しましたが、めちゃくちゃ
しみて大変だったそうです。

夜な夜な…

その後、夜な夜なツレは「爪の観察報告」をして
くださいます。ええ、それはそれはリアルにね…
今ある爪の角度だとか、血がどれだけ出たかとか、
消毒薬の沁み具合とか…エトセトラエトセトラ。

ワタシにとっては、どんな怪談よりも怖~~~い
お話でございます。 
テーマ:ちょっと聞いて - ジャンル:ブログ
15日は、全国戦没者追悼式のテレビ中継を見ながら、
黙祷を捧げました。テレビ画面からは戦没者の
御霊からなのか、ご遺族からなのか分かりません
でしたが、言葉では表現しがたいほどの強烈な悲しみと
深い祈りがジンジンと力強く伝わってきました。
ワタシは黙祷の間中、涙がずっと止まりませんでした…。

現在ある日本の平和は、過去に起きた数々の戦争で
犠牲になった方々の尊い生命の上に成り立っています。

「オーラの泉」(2009年8月15日放送分)に出演された
脚本家・倉本聡さんは、日本人が恥と倫理観を失って
しまったことを、大変深く嘆いてらっしゃいました。
便利さ、快適さと引き換えに、ワタシたちは多くを
忘れてしまったように思います。そして、作品制作に
おける姿勢についても語られていました。

●オーラの泉・倉本聡さんの言葉

敵味方があるのは当たり前。
戦争をしなければ平和は訪れない。
現実は変えられない。そんなの無理だ。
どうしようもない。夢物語だ。

…そんな言葉が数多く聞かれます。

でも、ワタシはそうは思いません。
伝え続けること。
それがいちばん大事ではないかと考えています。

メッセージは一人だけでは弱いけど、最初は
さざ波も起こせなかった言葉が、やがて引き寄せあった
同志が手を繋ぎ合い、輪になって広がってゆくように、
時間はかかるけど、やがて大きな波に変化することを
知っているからです。

下記は、ワタクシ的に共鳴したメッセージですが、
シェアを承諾して戴いたので、こちらにご紹介致します。
共感した部分だけ受け取って戴ければ幸いです。

↓2009年8月6日、神奈川の青空。
青空

===著作権法により引用開始===

そこはかとない罪悪感
それがすべてといえるだろうか

あの時代の苦しみ悲しみを
そのまま受け取ったなら
とても精神が保てるものではない
そこに同調するのではない

ただし 過去は正しく教訓を学ぶためにある
どこまで 教訓を生かしている 今の人生であるのかということだ

終戦記念日を迎えるたびに
現代の人間も
潜在意識のなかでは  そこはかとない罪悪感が芽吹く
深いところでは わかっているのだ
ただどれだけの者たちが
そこを直視するかということだ

この時期 目を背けてきた事柄が 突きつけられてくる
あまりにも この時代の波に 慣れ親しんできた
どんな過去の歴史があって 今の平穏が赦されているのか

深い思慮と 反省と 建て直し
なにより感謝の想念が 過去を癒す

誰もが 支配する者の 大いなる犠牲に立ってきた
不安と恐怖の情報を強いられ
誰もが洗脳されてきた

過去は呼びかける
真実はなんであったのか
なぜ 真実が覆い隠されてきたのか
そしてまた 真実はこの時代に復活を見せているのか

なぜ数多くのものたちは 
なにも 知ろうともせず
安逸に暮らし続けるのか

なぜ無数の人間が 偽りの神を信じ コントロールされてきたのか
真実を知るもの 語るものは 闇の中で消されてきた歴史も
遠い過去のことではない

戦争だけのことではない
長い長いコントロールのもとで
あなた方は 魂の奥にある源泉を眠らされてきた

自分にはなんの力もないと思わされ
無力感を味わい 強きものに屈することで
わずかなる平和を見出そうとしてきた

過去の悲劇は
あなた方に 罪の意識をもたらすものではない
過去の悲劇は
あなたがたの 長い眠りを揺さぶり起こすものでなければならない

過去は呼びかける
同じ過ちを繰り返さないために
大きく目を開き
物事すべての本質を見極めることを求めている

今何ができるのか
今できることをしなさい
痛みから 目を背けるのではなく
原動力にしなさい

自らに問い続けなさい
魂の目覚めは 安逸な日常からは起こりえない
ときには 強いカンフル剤が必要になる
それも大いなる愛だ

人が生きていくために
必要なものが 必要なだけあるのが一番幸せだ

必要以上に求める心が
他を貪り 犠牲を生む
その根源はなんであるのか
聡明なものたちは すでに気づいているはずだ

なにも信じられないから 力に依存し
人は騙し騙され
奪い合いの歴史は繰り返す

自らの深い源泉にたどりつき
そこからの愛と叡智でこの世界を再創造していくのでなければ
なにをやっても対症療法なのだ

気づいたものたちから始めなさい
無意識に 自分がしていることが
いったい 全体にとってどういう影響があるのか
気づいたものが 伝えなさい

人が真実に目覚めていくにつれ
それは自然に無理なく伝わっていき
歪んだ歴史は 塗り替えられていく
呼びかけてきた過去の叫びを
正しく受け止められるものが
一人でも増えれば
その人生に意味を添え 癒すことができるだろう

あなた一人がするのではない

光を掲げる者たちには
聖なる力が授けられる
私たちは あなた方を通してしか
救うことができない

それが摂理なのだ

引用元:Kisaさんの日記より

===著作権法により引用終了===


最後に、倉本聡さんのメッセージを添えて…。

果して、今の日本は、命を犠牲にして戦死して
逝った将校さん達が夢に描いていた、理想の国かな?
(脚本家・倉本聡)
 
テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体
15日夜に放送された「オーラの泉」(テレビ朝日系)を
久々に観ました。
ゲストが脚本家・倉本聡さんだったからです。

最新作の舞台「歸國(きこく)」は

「今の日本を、戦没していった英霊が見たら 
 いったい何というだろうか」

というテーマで執筆された作品。
戦後10年ならまだしも、64年経った今の日本を見た英霊は
「怒り」を感じるのではなかろうか、というのが倉本さんの
出された結論でした。

「子どものために命を投げ出す親」が少なくなったという
話題が番組中にありましたが、倫理観が崩れつつある現代、
かつての常識が通用しなくなったことに、英霊でなくとも
おかしいと感じる方々は多いのではなかろうか、と思いました。

以下は、倉本聡さんの言葉です。

オレガノの花

僕は、8つの賞を受賞した時、ある事を考えたんだ。
それは、 本当に賞を取ったのは僕かな?という事。
だって、机に向かっている時は僕が書いてるんじゃなく、
何かに憑かれて書かされていたんだもの。
で、考えた末、僕が書いたんだ!と思うことにしたんだ。
そしたら、4年間書けなくなった。
でも、版画家の棟方志功さんのドキュメントを観た時、
ある事に気付いたんだ。

棟方さんは、
「僕が作ってるんじゃない。神が創らせているんだ。」
と言っていた。

だから、ああ、やっぱりそういうことだったのか…と。
つまり、アーティストやクリエイターは霊や神に
奏でられる善い楽器であればいいんだよ。
僕はただ、霊や神が乗り憑つり易い、澄んだ、清らかな、
自分で在ればいいんだ。

引用元:オーラの泉2009年8月15日放送分(脚本家・倉本聡)
続きを読む
テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体
Y150で、個人的に興味深かったのは「dream ship」と
「アースバルーン」のエリア。

惑星写真

1609年、ガリレオ・ガリレイが望遠鏡で宇宙を観察
してから400年目にあたる今年は「世界天文年」とのこと。
JAXA(宇宙航空研究開発機構)が協力展示したブースには
今をときめく宇宙飛行士・若田光一さんのビデオメッセージが
流れ、RVT(再使用型ロケット実験機)というロケット、火星や
土星、月や太陽などの惑星写真が展示されていました。

ロケット

同じく宇宙飛行士・向井千秋さんが監修された「アース
バルーン」は白い風船をスクリーンに見立て、環境保護を
訴える内容でした。BGMには童謡「ふるさと」が流れ、
絵本っぽく仕上がっており、何とも不思議な作品でした。
改めてワタシたちの惑星、地球が碧い星であることを再認識します。
ワタシたちが「地球人」であるということも、ね。
テーマ:横浜!YOKOHAMA! - ジャンル:地域情報
横浜開国博Y150に行ってきました~~~!

y150
続きを読む
テーマ:横浜!YOKOHAMA! - ジャンル:地域情報
ワタシの心のダーリンは「ミン・ジョンホ様」です。

お花畑イメージ

「ミン・ジョンホ様」とは、韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」で
主人公のヒロイン・チャングムの相手をつとめる武官。
しかし、ワタクシ「ミン・ジョンホ」を演じる俳優チ・ジニにはまったく
興味がなくて(笑)ただひたすらドラマの中の「ミン・ジョンホ様」が
好きなのです~~~!!!

●韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」人物相関図

女官は、王様以外の男性との恋愛は死罪にあたるんですが、
たとえ許されない恋だとしても、チャングムがミン・ジョンホ様から
本(それも医学書!)を借りたり、その本の中にミン・ジョンホ様の
詩が入ってたり、チャングムが感謝を込めてミン・ジョンホ様に
手作りの料理を渡したり…そんなやりとりで愛を育み…。
しかも、チャングムの度重なるピンチに、自らの命をかえりみず、
危険を恐れず飛び込んでいくミン・ジョンホ様の姿がまた素敵!!!
乙女心をくすぐります~~~

…で、ワタシがあまりにも「ミン・ジョンホ様」「ミン・ジョンホ様」
と連呼するので、ツレはライバル心を燃やしたのか?
お髭を伸ばしてくれました。
ええ、とりあえずパーツから入りました(笑)。

現在、またドラマが再放送されているので、それを観ながら
ツレにミン・ジョンホ様のセリフを物真似してもらったのですが…

ツレ(精一杯爽やかな口調で)
「勉強家だなあ…チャングムさんは…」

うーん、何かが違ふ。


続きを読む
テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ
アーユルヴェーダ(インド伝承医学)を勉強中のワタシ。

最近は、薬草学(ハーブ医学)が面白いな~と感じてます。

勉強も兼ねて、日本薬科大学教授・船山信次さんが出演された
爆笑問題のニッポンの教養「ヒトと毒薬~薬学・船山信次~」
(NHK、2009年8月4日放送)というテレビ番組を観ていたら…

ツレが一言。

ツレ語録 
テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ


FC2トラックバックテーマ  第785回「最近食べたごちそうは?」



ツレの仕事がお休みを取れたので、一足早く日帰りの
夏休みを楽しんできました。目的地は江ノ島と鎌倉です。
今年は天候不順で、何だか梅雨の延長のようですが、
貴重な夏空を楽しんできましたよ~!

江ノ島

江ノ島は、観光客でごった返していました。
サーファーにボディボーダー、カップル家族連れ、
売店の方々は通行人に向けて必死に商品の
アピールをし、とんびは、通行人が手にした食べ物を
狙って空を舞う…。ああ、夏ですな~

で、我々の目的は、海水浴でもなければ神社散策
でもなく、海の幸を食することでした~~~!
スミマセン食い意地が張ってて~
江ノ島でも数少ない回転寿司店へ行き、ランチと
なりました。上げ膳据え膳が何よりの贅沢ですね~
続きを読む
テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ