ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

下記写真は、インド料理教室で必ず出される「生姜の
スライス」です。
作り方は、生姜を1ミリ程度に薄~くスライスし、塩を
適量、レモン汁を数滴かけたもの。

これを「食前」に一枚食べます。

生姜スライス

続きを読む
スポンサーサイト
テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体
ベジタリアン料理研究家 いとうゆき さんによる
リビングフード体験レッスンを受講しました。

「リビングフード」とは、聞き馴れない言葉ですが
欧米では、既によく知られている調理法です。
平たく言えば…

食材を加熱せずに作る、生の料理のこと。

酵素は「第六の栄養素」とも呼ばれ、主に2種類あります。

●消化酵素…食材の消化に使用される酵素
●代謝酵素…身体の新陳代謝を司る酵素

我々の体内に含まれる「潜在酵素」から「消化酵素」と
「代謝酵素」が作られます。
1985年、エドワード・ハウエル博士による酵素栄養学の
研究により、人間が一生のうちに作る潜在酵素の量は
限られていることが分かったそうです。

食材は、いわば原油のようなもの。
食材に含まれる栄養素がそのまま体内にストレートに
吸収されるわけではありません。
「消化酵素」によって原油は分解され、ガソリン(栄養素)
へと組み立て直し、そこで初めて体内へと吸収されます。

食材にも消化酵素は含まれますが、45℃以上の熱を加えると
壊れてしまいます。
つまり、加熱料理を消化するためには、我々の身体はまず
潜在酵素から「消化酵素」を作り出さなくてはならないのです。

食べ過ぎ飲み過ぎで「消化酵素」を大量に浪費してしまうと
残った潜在酵素から作り出せる「代謝酵素」が少なくなり、
身体の新陳代謝、たとえば皮膚や髪の再生等には
使われなくなり、エネルギーを無駄に消耗してしまいます。

そして悲しいかな、加齢と共に酵素量は徐々に減っていくのだ
そうです。基本的に酵素は貯蓄しておくことが出来ません。
酵素が尽きた時、それが「死」です。

●エドワード・ハウエル博士による酵素栄養学
●消化酵素の無駄づかいで 健康レベルが低下!!

もう食べられません

消化酵素をできるだけ浪費しないための料理、それが「リビングフード」。

「加熱せずに」料理が作れることに驚きました。
続きを読む
テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体
インド料理教室で学んでから、定番になった
料理がいくつかあります。
今回は「パニール(自家製カッテージチーズ)」を
ご紹介します。

キッチンスタジオペイズリー主催・香取薫先生曰く…
香取薫先生
「市販のカッテージチーズは

ほぼ保存料の味である!」

確かに、ワタシも市販品を食べてみて、鼻にツーンと
くる薬っぽい味があまり好みではなくて、積極的に
買おうとは思いませんでした。
でも、教えて戴いたレシピは、まさに美味しい科学の
実験のノリ。子どもでもお年寄りでも、誰にでも作れて
しまう、超カンタンなレシピです。

これをやると、

面白いように、牛乳の正体が分かります。

牛乳の正体

では、レシピのご紹介です。
続きを読む
テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ
病気の主な原因は「生活習慣」と「ストレス」が
作り出す、と云われています。

しかし「生活習慣」は何となく分かるものの
「ストレス」の正体が一向に分かりません。

「食と心は繋がっている」という【直観】
(閃き、インスピレーション)はあるものの、
何をどうやって追求したら良いのか、まったく
見当がつかない状態でした。

あれこれ考えあぐねていたら、腰痛という症状を
通じて人間が感じる「痛み」と「ストレス」、心と
そのメカニズムについて紹介された番組が放送
されました。

●病の起源 第3集腰痛 ~それは二足歩行の宿命か?~(NHK、2008年10月5日放送)

腰痛って…
続きを読む
テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ
月イチ恒例のインド料理教室、ベジタリアン料理・
第5回めの授業を受けてきました。

今回は、冬野菜の甘みを感じるカレーです。

タイトルの「サーグアールー」は、ホウレンソウの
カレーのこと。

今回の講義で驚いたのは、ホウレンソウは日本なら
誰でも食べられる定番の冬野菜ですが、インドでは
「高級な野菜」なのだそうです。
何故なら、気温の高いインドでは葉がすぐに傷んで
しまうため、なかなか食べられないのだとか。
一般的にはホウレンソウの代わりに、大根の葉など、
他の青菜で代用するのだと知りました。

では、今回のメニューです。

写真左上より時計回りに…

●ジャルムーリ(パフライスのインド風サラダ)
●サーグアールー(ホウレンソウのカレー)
●プールゴビー(カリフラワーのサブジ、お惣菜)
●バトゥラ(インド庶民のパン)
●白米

ドリンク左より
●バダムドゥドゥ(アーモンドミルク、サフラン入り)
●チャイ(生姜の紅茶)

完成!
続きを読む
テーマ:カレー - ジャンル:グルメ
こんな本を読みました。



●成瀬紀子のカラフルフーディング・公式サイト

「カラフルフーディング」という
言葉を初めて知った一冊です。
続きを読む
テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体
我が家に届いた、黄色い花。
時期的にはちょっと早いけど、春らしい花だなあ~
と思っていたら…

オータムポエム

実はこれ「オータムポエム」という野菜だそうです!
初めて知った野菜です。

オータムポエム拡大
続きを読む
テーマ:野菜 - ジャンル:グルメ
鳥インフルエンザ(パンデミック)について、気になる
ニュースがインターネットで流れましたね。
昨年から今年にかけて、インド、エジプト、インドネシア、
ベトナム、台湾、韓国、北京…と、感染源が日本に徐々に
近づきつつあるのが若干気になっています。
(注)情報の判別および責任は、各自で宜しくお願い
申し上げます。

===著作権法に基づき、引用開始===

[記事1]
鳥インフル、河北省で徹底消毒 北京、新型発生に警戒感
 【北京10日共同】北京市で5日、鳥インフルエンザにより死亡した女性がアヒルを購入した河北省三河市の行宮市場では連日、徹底的な消毒が続いている。北京市では初の死亡例で、街には変異する恐れがある新型インフルエンザ発生への警戒感も強まってきた。
 感染源と疑われている家禽類が売られていた同市場の一画は、黄色いテープで隔離されたまま。「消毒作業はいつまで続くの。商売どころか、寝る場所もない」。売り場に住んでいた女性が嘆いた。
 両市は隣接しており、境界には道路や鉄道に検疫所が設けられ、北京市への生きた家禽類の搬入を厳しく制限している。
 一方、北京市内の市場では、煮沸したニワトリやアヒルが売られているが、感染を恐れる市民はほとんど手を伸ばさない。

引用元:2009/01/10 21:37 【共同通信】
●鳥インフル、河北省で徹底消毒 北京、新型発生に警戒感

---------------------------------

[記事2]
家禽類の流入禁止=鳥インフル感染拡大なし-北京
 【北京7日時事】新華社電などによると、中国北京市政府は7日、鳥インフルエンザによる死者が出たことを受け、生きた家禽(かきん)類の流入を原則として禁止する措置を取ったことを明らかにした。北京市のほか、死亡した女性がアヒルを購入した市場のある河北省三河市などでも検査が行われたが、新たな感染は確認されていないという。
 記者会見した北京市衛生局幹部は「死亡した患者と接触した人が(患者死亡から1週間後の)12日までに症状が表れなければ、感染を抑え込んだことになる」と説明した。

引用元:2009/01/07-19:54 【時事ドットコム】
●家禽類の流入禁止=鳥インフル感染拡大なし-北京

---------------------------------

[記事3]
鳥インフル、北京で初の死者=旧正月控え警戒強める-中国
 【北京6日時事】中国北京市衛生局は6日、鳥インフルエンザに感染した同市朝陽区の女性(19)が5日に死亡したと発表した。検査の結果、毒性の強いH5N1型ウイルスの陽性反応が出た。中国で鳥インフルエンザ感染が確認された人は2003年以降の累計で30人、うち20人(昨年は3人)が死亡しているが、北京で死者が出たのは初めて。
 26日の春節(旧正月)を前に帰省ラッシュが始まっており、同市政府は患者と接触した人の隔離や消毒など、鳥インフルエンザの拡大予防措置を取って警戒を強めている。

引用元:2009/01/06-20:55 【時事ドットコム】
●鳥インフル、北京で初の死者=旧正月控え警戒強める-中国

===著作権法に基づき、引用終了===

鳥インフルエンザが本格的に流行するのは2009年秋
(11月以降)からだと云われています。
厚生労働省では、国民の約25%が感染し、最大推定
64万人死亡という試算をしています。
家族会議の結果、我が家はツレが闘病中のため、
やはり多少の備蓄をしておこうという結論となりました。

マスクもピンキリで…
続きを読む
テーマ:すこしでも参考になれば・・・ - ジャンル:心と身体
我が家は、無農薬野菜を業者にお任せで
お取り寄せしています。

今回は、幻の野菜だという

「大和真菜(やまとまな)」

が入っていました。
初めて見た野菜です。奈良県の伝統野菜とのこと。

大和真菜
続きを読む
テーマ:今日の食事 - ジャンル:グルメ
はじめに
(2009年5月現在/随時更新)

初めまして。
えかき工房ぷあんぽわん・イラストライターの
よねやまゆうこと申します。
本日はお忙しい中、当BLOGへご来訪戴きまして、
ありがとうございました。

当BLOGは「食と心の繋がり」をテーマにしたイラスト
エッセイBLOGです。
BLOGそのものは、2006年からスタートしております。

テーマとなる「食と心の繋がり」に興味を持った
直接のきっかけは、2008年2月に夫(でるもなか氏。
以下ツレ)が「微小変化型ネフローゼ症候群」と
いう腎臓の病気のため緊急入院、「食事も治療の
一環である」という食事療法の必要に迫られることと
なりました。

食事療法は患者さんの症状によって異なるのですが、
「微少変化型ネフローゼ症候群」の場合は

「低たんぱく質、高カロリー」。

塩分やカロリーの制限はよく知られていますが、
たんぱく質が制限されると、どうなるかと申しますと…

たんぱく質はすべての食材に含まれており、

食事量そのものが大きく変わってしまうのです。


たんぱく質って…

また、ツレは入院初期の頃、尿の量が少なくなり、
塩分が体外に排出されにくくなり、顔や足にむくみが
起きました。老廃物が体外に排出されないと、やがて
心臓や脳に影響を及ぼす危険性があります。
そのため、食事で摂取する塩分量が一日3グラムと
いう時もありました(現在は通常に戻っています)。

↓入院食。食事の半分は治療用菓子。
入院食

そして、ツレは約一ヶ月半もの入院を経て、退院。
2008年4月。我が家では食事療法が始まりました。

ワタシは基本的に料理は好きですが、ややこしい
栄養計算が大の苦手。それだけでストレスに感じて
しまうんですよね。素人の主婦にいったい何が
出来るのか…と途方に暮れていた矢先、まるで何かに
導かれるように新しい扉が待ち受けていました。

扉の先には…

まず、最初に開いた扉の先には香取薫先生率いる
キッチンスタジオペイズリーでの「インド料理」の
世界がありました。
それまでインド料理といえば、油こってり肉の塊が
ゴロゴロと入ったカレーや、自分の顔よりもデカ~イ
ナン程度しか知りませんでしたが、インドの国土は
広く、それだけに料理のジャンルが幅広いこと、
特に南インドは気候も暖かく、野菜料理が中心で
ベジタリアンも存在すること、塩分制限の物足りなさを
補うべく、スパイスの種類が豊富で自在に調合できること…
等々を知り、そのイメージが根底から覆ることとなりました。

名言

次に出逢ったのは「アーユルヴェーダ」(インド伝承医学)。
病気の原因は「生活習慣」と「ストレス」が大きく関係
すると云われているそうです。
つまり、自分が選んだ食べ物によって、身体はもちろんのこと、
もしかしたら無意識に心の状態にまで影響を与えているの
ではないか?と考え始めるようになりました。
それを医学的に、科学的に解明しているのがアーユルヴェーダ
だったのです。
サンスクリット語や英語が堪能なsatvik(サトヴィック)
先生から、食生活を中心に「食と心の繋がり」について
学んでいます。

●アーユルヴェーダが初めての方はこちらをご覧ください。

ワタシは現在も「食と心の繋がり」について
学び続けております。

そこで、より多くの方々とこのBLOGを通じて情報交換を兼ねた
コミュニケーションができれば…と考え、2009年1月、
複数あったBLOGを統合。
巷にある書籍やBLOGのようなおシャレ感や華やかさは
ありませんが、足がかりとした場を目指してゆければ
良いなあ、と…。とは云っても、ワタシは食に関しては
素人ですので、皆さんに教えて戴きながら、支えられながら、
明るく楽しく、等身大のワタシ自身の視点を忘れずに、この
BLOGと共に成長していければと考えています。

BLOG名「ワタクシ的茶碗三杯」には「この話題で
ご飯三杯はイケる!」という意味が込められています。
食事制限があっても、美味しく楽しく食べられるように、
笑顔を絶やさない食卓でありたいと願いつつ…。

これをご縁に、どうぞ宜しくお願い申し上げます。無断転載禁止・アイディアの盗作禁止
All rights reserved.copyright
(c) DelMonaca×Yuko Yoneyama 1998-2016
テーマ:はじめまして - ジャンル:ブログ