ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

日本の風物詩だった「福笑い」と「スイカ割り」が
メディア(テレビ番組や子ども向け教育関係等)から
急速に消えつつあるそうです。

その理由は、どちらも「目隠しした状態」で
「見えなくてとまどう姿」を「笑う遊び」なので
しいては「視覚障害者の差別に繋がるから」と
いうのが理由とのこと。
これといったクレームはないそうですが、時代の
流れだからと自主規制しているメディアが
増えているそうです。

差別に繋がるから、
クレームが来るらしいという噂を聞いたから、
クレームに巻き込まれたくないから…

ワタシはメディアの異常なまでの「過敏さ」を
感じます。まるで伝言ゲームのよう。
行事本来の意味が抜けているのも問題ですよね。

これらの遊びには「見えなくてとまどう姿」を
「笑う」のではなく…
続きを読む
スポンサーサイト
テーマ:なんでこーなんの? - ジャンル:学校・教育
「ジェネジャン大激論 最強スピリチュアル
 カウンセラー大集合」(日本テレビ系)と
いう討論番組を観ました。

今回は「スピリチュアル」がテーマ。
自称霊能力者や占い師、スピリチュアルカウンセラー、
科学者、作家、タレントなどが一同に集い、

前世とは何か、
オーラは何色か、見えるのか見えないのか
守護霊はいるのかいないのか、
霊的世界はあるのかないのか、
科学で証明出来るのか出来ないのか…

等々の討論が行われました。

住む世界が違う人々が歩み寄るには
「言葉で説明すること」が必要不可欠だと考えて
いますが、この番組の討論そのものは何とも
お粗末でしたね…。

番組途中から、超能力やオカルトと混同され、
論点がズレ始めてしまい、それに対して誰も
軌道修正ができない状態で進行してしまった。
本来は肯定派であるはずの自称霊能力者や
占い師たちが、同業者の足を引っ張りあう。
売り言葉に買い言葉。
妬み、羨ましさ…怒号が飛び交う重々しい空気。

ワタシは番組を観ている途中で、気分が悪く
なってしまいました…。
続きを読む
テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体
子どものころからついやってしまうくだらない「自分ルール」
ありませんでしたか?

誰がどこで言い始めたのか分からないけれど
子どもの頃からいつの間にか流行り始めた、
懐かしいネタのオンパレードです。

たとえば…

●横断歩道の白い部分からはみ出ると落ちて死んでしまう!と
 自分に言い聞かせ、リスクを背負う
●ゴミを投げ捨てる時、「これが入らないと日本が沈没する!」と
 自分に言い聞かせ、リスクを背負う
●レシートを財布に入れておくとお金の減りが早いから捨てる
●電車の座席に温もりがあると座らない
●朝起きてテレビをつけた時に最初に聞こえる言葉で
 その日の運勢を占う
●救急車、霊柩車が通過する時に、親指を隠さないと
 自分の親の死に目にあえない
●デジタル時計の数字がゾロ目だと良いことがある
●落とした食べ物は3秒以内なら食べてもオッケー
●車での移動中、トンネルに入ったらトンネルを抜けるまで
 息を止める
●一番上の本は買わない
●くつ下は、つま先を上にして干す

などなど。
続きを読む
テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル: