ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

食の第一人者・服部幸應先生が食と健康の
関連性を調べるために、ラットを使って、
ある実験をなさいました。

ラット300匹を100匹ずつA・B・Cのグループに
分けました。
そして、各グループに違う食べ物を与えました。

Aグループ 玄米・野菜・魚
Bグループ 白米・野菜・魚・肉
Cグループ 
白いパン・マーガリン・野菜(少し)・ベーコン・
ソーセージ・肉

このように食事を与えて2年7ヶ月飼いました。
人間でいうと60歳まで育てたということになるそうです。
その結果はどうなったでしょうか?

そして、あなたの食生活はどのグループですか?
続きを読む
スポンサーサイト
テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ
永久歯が折れたり、欠けたり、抜けてしまえば
もう二度と生えてこない…
それが今までの一般的な常識でした。

ところが、この常識を覆す新しい医療技術が
誕生したそうです。

●歯の再生技術、今後5~10年以内に確立するかも

そもそも歯は、人間の身体で最も硬い「エナメル質」と
呼ばれる組織が一番上にあり、その下に「象牙質」、
「歯髄」(しずい・歯に栄養を与える神経組織)とあり
複雑な仕組みをしているため、永久歯を再生
させるのは、ほぼ不可能とされていました。

これは「再生医療」と呼ばれる技術で、マウス実験に
よりますと、胎児の歯胚(しはい・歯のもとになる組織)
から細胞を抜き取り、 寒天状のコラーゲンで培養。
その後、神経や血管を含めた「歯の種」と呼べる組織ができ、
抜歯部に移植。約2ヶ月で4.4ミリにまで成長したとか。
要は、胎児の細胞から永久歯をまるごと再生させたん
ですよね。
続きを読む
テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体
世界では2億人以上の子どもたちが 「児童労働」に
従事しています。

チョコレートの原料であるカカオ豆の原産地として
ガーナ、コートジボワール等のアフリカ諸国が
挙げられますが、これらの地域のカカオ農園では、
過酷な児童労働が横行していることが、マスコミに
よって報道されるようになりました。

カカオ農園の子どもたちは、チョコレートを一生
口にすることができません。

それどころか、収穫されたカカオ豆が
どんな食べ物になるのかも知らず、
一日中、ひたすらカカオ農園で働くのです。
続きを読む
テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体
独身時代から10年以上愛用していた冷蔵庫。
冷蔵庫の周囲に隙間を空けていたにも関わらず
「ぶぉぉぉぉぉぉぉーーー」という地鳴りの
ような音が連日鳴り響くようになり、
さすがにご近所に迷惑がかかるということで
買い替えを決意。久々に大型家電量販店の
冷蔵庫売り場へ行きました。

たくさんの冷蔵庫が並ぶ中、さんざん迷ったあげく
ワタシが購入したのは「保温ができる冷蔵庫」。
食事の時間帯が家族バラバラの「個食」時代に、
せめて温かい料理を、じゃあ冷蔵庫で保温しちゃおう、
という【逆転の発想】で生まれた商品です。
発売から2年経たこともあり、手が届く値段にまで
落ち着いていました
(さらに値引きしてもらいました・笑)。

この冷蔵庫は「冷凍」「冷蔵」「野菜室」
「ホット庫」とついていて、それぞれ独立して
温度設定ができます。
しかも、「ホット庫」にはタイマー機能も
ついていて、時間を過ぎると「ホット庫」は
「冷蔵」に自動的に切り替わるとのこと。

今までは電子レンジでその都度温め直して
いましたが、食材によっては、べちょべちょに
なってしまう等の向き不向きがありました。
これなら作りおきした食育弁当を温かいままで
食べてもらえそうです。

映画「不都合な真実」を観てから、家電品に
対する考え方が変わりました。
続きを読む
テーマ:暮らしを助けるアイテム - ジャンル:結婚・家庭生活
食の第一人者・服部幸應先生が養成する
「食育エキスパート」と
「食育インストラクター」の資格を取得すべく
勉強に励んでおります。

●狂った油
●異変脂肪
●食べるプラスチック
●人工バター

これ、一体何の商品を指しているかお分かりでしょうか。
続きを読む
テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ
食育エキスパートの勉強は既に始めていましたが
食育インストラクター養成講座の教材一式も
昨日やっと届きました。

内容は章ごとに分かれており…

第1章
食育の基礎知識 重要性がますます高まる食育
第2章
食材について知ろう 野菜を食べるために
第3章
食材について知ろう 肉類・加工品とのつきあい方
第4章
食習慣とマナー、健康 食が心と体を育む
第5章
食べ物は自然の恵み エコロジーについて

それに、テキストに沿った内容のDVDが3本。
レシピ集や食材の選び方の小冊子もついています。

章を終了するごとに筆記試験があり、最後の
修了試験は70点以上で合格(追試は有料)。
合格後、服部幸應先生に「食育インストラクター」と
して認定されます。

受講期間は、6ケ月以内。
きっちり計画を立てて勉強することが求められます。
今回はホームヘルパーのような実技の授業や
現場実習はありませんが、テキストをしっかり
読み込んで、内容を理解しないと、修了試験で
合格点を取れないので、一生懸命取り組みたいと
思います。
テーマ:心身ともに美しく健康に - ジャンル:ヘルス・ダイエット