ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

ホームヘルパー2級の資格取得のため
本業の合間をぬって勉強しているワタクシです。
最後のハードルとなる 「施設実習4日分」を
現在消化しております。

今日は、いよいよ最後となる施設実習4日目。
訪問介護同行訪問です。
厚生労働省の規定により、実習生は在宅の
利用者宅を必ず2軒訪問することになっております。
ワタシは、通院の送迎介助と掃除介助を体験して
きました。

利用者さんと一緒に行動してみて、気付いた点が
いくつかありましたね~。

例えば、握力が弱くなったお年寄りには…
●テレビのスイッチ類がなかなか押せない。
●歩行器のブレーキ(自転車と同じようなタイプ)を
 「ぎゅっ」と握りにくい。
 よって、高齢者や障害者向けに設置されたスロープの
 下り坂で思いがけずスピードが出てしまうことも。

また、足腰が弱くなると…
●ちょっとした段差が足腰に響き、長距離を歩けない。
●どうしても歩くスピードが落ちるので、道路で車に
 はねられそうになる。

などなど。
続きを読む
スポンサーサイト
テーマ:福祉のプロを目指す - ジャンル:福祉・ボランティア
認知症は、治らない病気だと思っていました。
決定的な治療薬はなく、せいぜい進行を
遅らせるのが精一杯の現状なのだと。

しかし、手術で治る認知症も存在することを
「とくダネ!」(フジテレビ系)で紹介され、
その映像に大変驚きました。

その病名は「iNPH」(特発性正常圧水頭症)。

頭の中の脳脊髄液の流れが悪くなる病気。
主な症状として「歩行障害」「認知症」「尿失禁」が
現れ、高血圧の人が発症しやすいとされています。
続きを読む
テーマ:健康生活:病気・治療法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
今回は、デイケアのサービス実習見学です。

施設で受けられるサービスには
「デイケア」と「デイサービス」があります。
非常によく似ておりますが、異なる点が幾つか
あります。

「デイケア」は「通所リハビリテーション」
とも呼ばれ、在宅で生活している利用者さんが
老人保健施設(通称・老健)や病院、診療所などに
通い、心身の維持回復を目的とする「リハビリ」が
サービスの中心となること。リハビリ専門スタッフが
常駐しており、医師の処方箋がなければデイケアを
利用することが出来ません。

一方「デイサービス」は「通所介護」とも呼ばれ
老人ホームに併設されるケースが多く、
「レクリエーション」がサービスの中心となります。
入浴や食事などは、どちらのサービスでも受けることが
出来ます。
続きを読む
テーマ:福祉のプロを目指す - ジャンル:福祉・ボランティア
今回も同じグループホームでしたが、
異なる棟へ飛ばされました。
利用者さんが変われば、施設の雰囲気もガラリと
変わることを実感。 自立している方が3分の1、
介助が 必要な方が3分の2といった感じでした。

たとえば…
続きを読む
テーマ:福祉のプロを目指す - ジャンル:福祉・ボランティア
ホームヘルパー2級の資格取得のため
本業の合間をぬって勉強しているワタクシです。

本日から1週間の間に、最後のハードルとなる
「施設実習4日分」を消化する予定。
これを終了し、修了証を正式発行していただいて
いよいよ資格取得です!

今回は「グループホーム」へ行ってきました。

グループホーム、と聞いてもピンと来ない方が
多いかもしれません。グループホームとは
家族が介護できなくなった認知症高齢者10人前後と
専門スタッフが共同生活を送る施設のこと。
施設といっても、ごくごく普通のマンションや
一軒家などがそのまま使用されます。
ワタシが飛ばされたグループホームも
看板が出ていなければ、気付かずにうっかり素通り
してしまうところでした(笑)。
続きを読む
テーマ:福祉のプロを目指す - ジャンル:福祉・ボランティア
「若年性アルツハイマー病」
そして「夫婦介護」に焦点を当てた映画、
渡辺謙主演「明日の記憶」を公開初日に観ました。





■映画のあらすじ■(公式サイトより引用)
物語の主人公は今年50歳になる佐伯雅行(渡辺謙)。
広告代理店に勤めるバリバリの営業部長だ。
家庭を顧みず仕事に明け暮れてきたが、
妻・枝実子(樋口可南子)との夫婦関係は円満、
さらには一人娘・梨恵(吹石一恵)の結婚を間近に
控えて、多忙ながらも充実した日々を送っていた。
大手クライアントとの大規模プロジェクトが
進行しようとするある日、佐伯に小さな“異変”が
起こりはじめる。
仕事仲間の名前や、取引先との約束をうっかり忘れて
しまう。同じ商品を何度も何度も何度も繰り返し
買ってきてしまう。
さらには、偏頭痛が日に日に強さを増していく……。
異変に気づいた枝美子は、佐伯を伴って病院を訪れる。
そして、佐伯には《若年性アルツハイマー病》という
診断結果が下された。
“自分が自分でなくなっていく恐怖”に狼狽する佐伯。
枝美子は、そんな佐伯を固く抱きしめながら言うのだった。
「私がいます。私が、ずっと、そばにいます」と。
続きを読む
テーマ:アルツハイマー病 - ジャンル:福祉・ボランティア
今回を持ちまして、実技のカリキュラムが
すべて終了いたしました~~~!
長~いようで、終わってみればあっという間の
濃い8日間でした。この後にいよいよ施設実習
4日分が控えております。

今回は、介護サービス計画(ケアプラン)や
訪問介護計画用紙の読み方、実習生実習記録の
付け方、施設実習の事前説明会などが行われました。
続きを読む
テーマ:福祉のプロを目指す - ジャンル:福祉・ボランティア
今回は排泄介助とレクリエーションを教わりました。
この日記では「レクリエーション」について書きます。
メニューは以下のとおり。

●認知症の利用者さんに折り紙で「金魚」の折り方を教える
●認知症の利用者さんに「すき焼きゲーム」を行う
●認知症の利用者さんに「巻き巻きゲーム」を行う

デイサービスとは、日帰りの高齢者介護施設のこと。
主に介護認定された心身の虚弱なお年寄りを対象とし、
通所によって入浴や食事の提供、日常生活のお世話、
機能回復を兼ねたレクリエーション等のサービスを
行っています。デイサービスに通うことにより、
利用者さんの心身機能の維持向上を図り、孤立感を解消。
また、介護する家族の負担を軽減する目的も備えています。
続きを読む
テーマ:福祉のプロを目指す - ジャンル:福祉・ボランティア
今回は、清潔介助を教わりました。
メニューは以下のとおり。エステ的な要素の
強い内容でした。

●全介助と片麻痺の利用者さんを車椅子に座らせ
 足浴。
●全介助と片麻痺の利用者さんをギャッジベッドに
 寝かせたまま手浴。
●全介助の利用者さんをギャッジベッドに
 寝かせたまま洗髪。

寝たきりのお年寄りの洗髪に便利な「ケリーパッド」と
呼ばれる洗髪用パッドの作り方を教わりました。

ケリーパッドとは、ベッド上で洗髪する際、周囲を
汚さないようにするために使うゴム製パッドのこと。
頭をケリーパッド内に入れて洗髪し、汚水を一定方向に
流すよう工夫されています。

様々なタイプが市販されていますが、買うと高い!ので、
在宅介護の場合、身近にあるモノで代用できますよ。
我々は、新聞紙とバスタオル、ビニール袋で作れる方法を
教わりました。

ベッドに寝かせたままシャンプーリンスなど出来るので
あろうか?と、教わる前は半信半疑だったのですが…
続きを読む
テーマ:福祉のプロを目指す - ジャンル:福祉・ボランティア