ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知人に教えて頂いた情報を転載いたします。

(2007年9月4日 東京新聞夕刊より)

 ペットボトルのキャップを集めて世界の子どもたちの命を救おう-。そんな社会貢献活動が横浜から全国へ広がっている。ふたがポリオやはしかのワクチン購入の財源に換わり、併せて環境に優しくリサイクルされる“一石二鳥”の運動だ。関係団体は、年間一億個の収集を目標に協力を呼びかけている。(横浜支局・小川慎一)

 活動しているのは、特定非営利活動法人(NPO法人)の認証を申請中の「エコキャップ推進協会」(横浜市中区)。企業や学校、個人が集めたペットボトルのふたをリサイクル業者に売り、同法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」(東京都千代田区)に収益を寄付。発展途上国向けのポリオやはしかのワクチン購入費用に充てられる。

 二〇〇五年、神奈川県相模原市の県立神奈川総合産業高校の生徒が「ペットボトルのふたで社会貢献できないか」と声を上げたのがきっかけ。これを知った今の同協会事務局長永田近さん(65)らが、前身の「エコキャップ推進ネットワーク」を設立。今年八月、NPO法人化のために現在の名称に変更した。

 活動は口コミで全国に広がり、二年間で北海道から九州までの個人や学校、企業、障害者施設などから約六百万個のふたが集まった。四百個(一キロ)当たり十円で千葉県内のリサイクル業者に買い取ってもらい、昨年末には五万円をJCVに寄付した。

 国連児童基金(ユニセフ)によると、ミャンマーやアフガニスタンなどでは年間、五歳未満の子ども約百四十万人がポリオやはしかなどの予防できる病気で死亡する。ポリオのワクチンは一人分二十円。八百個のふたで子ども一人が救われるチャンスが生まれる。さらに、ふたはベニヤなどの建材、文具に再生される。ごみとして焼却されると、四百個から三千百五十グラムの二酸化炭素が発生するという。

 ペットボトルの年間消費量は五百ミリリットル換算で約二百億本。一人当たり約百六十本の計算。永田さんは「ふたを集めるだけで子どもの命を救え、二酸化炭素削減にもつながる。家庭や会社などで手軽にできるので多くの人に協力してほしい」と話している。横浜周辺であれば、同協会がふたの回収に出向くという。問い合わせは、同協会=電045(250)0294=へ。 
スポンサーサイト
テーマ:出来ることから始めよう! - ジャンル:福祉・ボランティア
世界では2億人以上の子どもたちが 「児童労働」に
従事しています。

チョコレートの原料であるカカオ豆の原産地として
ガーナ、コートジボワール等のアフリカ諸国が
挙げられますが、これらの地域のカカオ農園では、
過酷な児童労働が横行していることが、マスコミに
よって報道されるようになりました。

カカオ農園の子どもたちは、チョコレートを一生
口にすることができません。

それどころか、収穫されたカカオ豆が
どんな食べ物になるのかも知らず、
一日中、ひたすらカカオ農園で働くのです。
続きを読む
テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。