ワタクシ的茶碗三杯・アラカルト

食と心のつながりについて描く、イラストエッセイBLOG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワタシは8月になると「平和」について考えます。

というか、いやおうなく考えさせられるのです。
過去に大量の血が流れたこと、大勢の方々が犠牲になったこと、
ワタシたちの今の生活は平和そのものだけど、多大なる犠牲の上に
成り立っていることだけは絶対に忘れてはならないと思っています。

このたび、映画「GATE」が東京都調布市で上映されることになりました。

内容紹介は下記に転載いたしますので割愛させていただきますが、
ワタシの故郷、ゲゲゲの調布市で上映されるというのに何だか不思議な
ご縁を感じました。関係者の話によりますと、ゲゲゲの女房の舞台でもある
深大寺が強力に応援してくださっているとのこと。
ご住職は平和活動にも熱心な方だそうで、今回は監督との対談も企画
されています。チケットはまだ在庫があるそうなので、興味を持たれた方は
下記宛に直接お問い合わせくださいね。

一人でも多くの方にご覧いただければ幸いです。
ワタシはこの映画を観に行きます!



‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■このドキュメンタリー映画GATEについて
日本の僧侶が核兵器の根絶を願い60年間一度も開かれる事の
なかった世界初の核実験場(米・ニューメキシコ州トリニティ
サイト)まで2500kmという気の遠くなるような長い道程を行脚
し続けたドキュメンタリー映画‥『GATE』

原爆の火をカンテラに灯し、永平寺の僧侶達は真夏の炎天下‥
昼となく夜となく行脚し続けました。
原爆発祥の地:トリニティサイトに「原爆の火をお還しする」と
いう目的のために‥その地で消して火の円環を閉じるというもので
ありました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■監督のマット・テイラー氏について
彼は幼少時代を広島の日本人家庭で過ごしその中で原爆の火の存在を
知ったという。そして『原爆の恐ろしさを知り長崎で止まるように
一生懸命祈り続けた‥』という話しを聞いたという。

『それをアメリカ人は知らない‥その心も恐ろしさも知らないのです。
そこからこの映画作りは始まった‥』と言っています。

マット・テイラー氏は核兵器を解体して‥取り出した核物質を現状では
原子力発電に転用するしか安全な管理の方法がないとしていますが‥
次の代替えエネルギーが見つかれば、もう核物質は使われない事を
望んでいるという事です。

というのも、原子力発電は必ずしも安全とは言えず、原発に係わる人にも
様々な被害者を出している現実を知っているからですが‥それでも一歩ずつ
前進させる必要があるとして‥彼は核ミサイルの廃棄を進めるために自ら
ファンド(GND Fund)を設立‥一基1000万円という解体費用を捻出し、
核ミサイルを買い取るという運動も進めていて、今‥その為の賛同者も
募っています。

■原爆の火とは
1945年8月6日広島に原子爆弾が投下され‥広島を一瞬にして焼き尽くした
原爆の火は65年経っても今も燃え続けている。
その火を守り続けてきたのは山本達雄さんでありました。

山本達雄さんもその日、被爆したのですが一命を取りとめた。
亡くなった叔父の形見を探しに地下壕に降り‥そこで見つけたのが瓦礫の中で
燃えていた原爆の火でありその火を懐炉に移し‥福岡県星野村のふる里に
持ち帰ったという。

その後、原爆の火は村に引き継がれ『恒久平和を願う火』『戦没者の慰霊の火』と
して灯され続け、今もご子息の山本托道さんは『人間は原爆のような兵器を
どんなことがあっても使うべきではない‥』そして残された『この火はずっと
灯され続けてほしい』と語りつつ‥今も見守っている。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

GATE ‥A true Story‥【終戦記念企画】
監督:マット・テーラー
2010年8月15日(日)13時開場、13時半開演
1部:映画上映と監督あいさつ
2部:深大寺住職・張堂完俊氏とマット・テーラー監督の対談

場所:調布文化会館たづくり・くすのきホール(京王線調布駅南口近く)→地図はこちら!
料金:1,000円(高校生以下500円)保育有り(要申し込み)

主催:GATEを観る会 
お問い合せ:寺崎 042-481-0667
後援:調布市・調布市教育委員会

■GATE公式サイトはこちら!
スポンサーサイト
テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画
既にご存知の方も多いかと思いますが、
映画館のTOHOシネマズがお年玉プレゼント
キャンペーンを現在実施しています。
(ワタシは友人のブログから存在を知りました)

TOHOシネマズ・公式サイトによりますと…

末尾が「1」もしくは「4」の「お年玉付き年賀はがき」を

お持ちの方は、該当の年賀はがき持参で、

1月9日(土)~2月28日(日)の期間中、

1000円でご覧頂けます


とのこと。

●TOHOシネマズお年玉プレゼントキャペーン

早速、我が家でも今年いただいた年賀はがきから
探してみましたら、何と「7枚」もありました~~~!
何だか、こういうのってプチ嬉しいですね♪
空き時間ができたら、気になる映画を観に行ってみたいな
と思います。

年賀はがき
テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画
実写版映画「ヤッターマン」を観てきました。
アニメを観ると、自然に頭の中にキャラ等のイメージが
膨れ上がってしまうため、実写版を観ると大抵が
その期待を大きく裏切られることが多いのですが、
今回はクチコミでの評判が高く、特に…

深キョン・ドロンジョ様は必見!!!

とのこと。

映画館に着いてみたら、家族連れやカップル、若い
女性同士…等々、特定の客層だけを狙っているの
ではなく、本当に幅広い世代を取り込んでいる作品
なのだと感じました。

さて映画が始まり、最初に彼らを観た印象は…

アニメから飛び出してきた!

と感じました。

ともすれば「コスプレ」になってしまいがちなキャラですが
彼らがこの世界を本当に生きていたら、こういう生活を
しているだろうな、という「現実感」を見せてくれました。

たとえば、ヤッターマンがヤッターワンに乗って
日本からオジプトまで移動する場面。
アニメはカットされていますが、実写版では道中も
表現されていて、ヤッターワン内部に彼らは
乗り込めないため、実は移動するのが大変だと
いうことが分かります。
こういうのが「現実感」なんですよね。



深キョン・ドロンジョ様は、セクシーで可愛かったです。
冒頭初登場シーンでの「舐めまわす」ようなカメラ目線が
エロエロちっくで、お父さん世代は大喜びですね~(笑)。
ドロンジョ様は、それまで恋に恋する乙女でしたが、
今回初めて生身の人間を好きになり、恋と仕事(泥棒
だけど)の狭間で揺れる心を見事に演じていたように
感じました。
「お約束」も超てんこ盛りで、パターンは分かりきっているの
ですが、お馴染みのギャグが出てくれば笑っちゃうんですよね。
今回はセットも本当に作ってしまったそうで、コマ送りで観たいほど
細部まで本当によく作りこまれていて、現場が「楽しんでいる」
感じが伝わってきました。
ワケで、とても楽しめる映画でした。
予告編があったけど…続編も作るのかな?

ボヤッキー 
テーマ:この映画がすごい!! - ジャンル:映画
以前から興味があった映画「西の魔女が死んだ」を観ました。
もともとは、100万部を超える同名のベストセラー小説を
映画化したものです。

●公式サイト・西の魔女が死んだ



続きを読む
テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体
イギリス元皇太子妃ダイアナの交通事故
前後の顛末を、女王エリザベス2世の視点から
描いた作品「THE QUEEN(邦題:クイーン)」を
観てきました。

●映画「THE QUEEN」公式サイト

映画の日&ゴールデンウィーク、前評判の高さと
重なって劇場は満員御礼!観客のほとんどは
幅広い世代の女性ばかりでした。



===著作権法につき引用開始===

【あらすじ】
1997年8月31日。イギリス王室は揺れていた。
ダイアナ元皇太子妃がパリで交通事故に遭い、
他国の恋人と共に死亡した。
国民的人気の高かったダイアナについて、
女王であるエリザベス2世は沈黙を守り通そうと
したが、その態度に批判が集中する。
英国首相になったばかりのトニー・ブレアは
そんな女王に助言するが……。

===著作権法につき引用終了===
続きを読む
テーマ:見た映画の感想 - ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。